アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「トム・クルーズ」のブログ記事

みんなの「トム・クルーズ」ブログ

タイトル 日 時
映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」チラシ
映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」チラシ トム・クルーズが元米軍の秘密捜査官にして流れ者のジャック・リーチャーを演じた、『アウトロー』の続編となるサスペンス・アクション。 元同僚にかけられたスパイの嫌疑を晴らそうとするリーチャーが新たな敵に立ち向かう...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 13:27
映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」チラシ
映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」チラシ トム・クルーズ主演のスパイ・アクションシリーズ第5弾。スパイ組織「IMF」のスゴ腕エージェント、イーサン・ハントの活躍を描く。今作のハイライトは高度1500m、時速400kmで飛行する軍用機のドアに張り付き、決死の侵入を試みるという驚くべきもの。勿論、今回もトム・クルーズ本人が敢行しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/06 09:54
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」チラシ
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」チラシ 桜坂洋の傑作SF小説をトム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、謎の侵略者との戦闘に挑んでは戦死するという不条理な世界に囚われ、同じ出来事を永遠に繰り返す男が同じ境遇にいる女性兵士と出会い、現状を打破しようと奮闘する姿が描かれる。 謎の侵略者からの攻撃で滅亡寸前の世界。同じ日を無限に繰り返す「時のループ」に巻き込まれた戦闘スキルゼロの兵士ケイジ。彼をトレーニングする、最強の女性兵士リタ。世界の運命は、この二人にかかっていた...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/23 02:55
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2・3」4月・5月
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2・3」4月・5月 スマステ!!月イチゴロー ランキング2013.5.18 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「オブリビオン」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/22 01:09
映画「オブリビオン」チラシ
映画「オブリビオン」チラシ すべての謎が解けなければ、地球は「過去の惑星」となる! トム・クルーズが最新作に選んだのは、彼史上にも類を見ない、まったく予測不可能な運命をたどるジャック。 前作『トロン:レガシー』で独自の映像ワールドを創り出したジョセフ・コシンスキー監督と、『猿の惑星:創世記』のプロデューサーがタッグを組み、重厚かつ、一瞬先も読めない展開が次々と繰り広げられるストーリーを作り出した。主人公のジャックはなぜひとりで地球を監視するのか? 2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊。生き残った人類は、他の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/13 01:12
映画「アウトロー[トム・クルーズ版]」チラシ
映画「アウトロー[トム・クルーズ版]」チラシ 彼の名は、「ジャック・リーチャー」。 世界で最も危険な流れ者〈アウトロー〉! トム・クルーズの新シリーズが誕生! 原作は、あの英国作家リー・チャイルドによる17冊にも及ぶ全米ベストセラー小説。誰が主人公・リーチャーに扮するのかが最大の話題を集める中、トム・クルーズ主演で遂に待望の完全映画化が実現した。監督は、『ユージュアル・サスペクツ』『ワルキューレ』の脚本家として名高いクリストファー・マッカリーです。 かつては軍の捜査官。今は過去を捨てた流れ者〈アウトロー〉。証拠は一切信じない。法など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 14:22
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」パンフ
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」パンフ これまでもインポッシブル(不可能)なミッションを、すべて解決してきたIMF=極秘スパイ組織・不可能作戦班のイーサン・ハント。そんな彼が過去最大の窮地に立たされるのが、シリーズ第4作目の本作。 ロシアのクレムリンで爆破テロ事件が起こり、現地に居合わせたイーサンのチームに容疑がかけられてしまう。信頼していた上司も殺害され、IMFから抹殺されたイーサンは信頼できる仲間と共に、自ら爆破事件の黒幕を見つけ出そうと決意する。しかし、ミッションに失敗すれば、逆にイーサンがテロリストの汚名を着せられる可能性も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 03:56
映画「ロック・オブ・エイジス」チラシ
映画「ロック・オブ・エイジス」チラシ 『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン監督が贈る史上最強のロック・ミュージカル。ブロードウェイを騒然とさせ、今なお絶賛の舞台が続くミュージカル「ロック・オブ・エイジズ」が、ついにハリウッドで映画化。誰もが知っているロックの大ヒットナンバーばかりを集めて構成された、この「史上最強のロック・ミュージカル」に挑むのは、トム・クルーズをはじめ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズらハリウッドきっての豪華なキャストです。 本作でトム・クルーズが挑むのは、ロックの神と呼ばれる男、失神者続出の超絶カリスマ・ロックス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/19 15:01
映画「ワルキューレ」パンフ
映画「ワルキューレ」パンフ ドイツの作曲家リヒャルト・ワグナーの「ワルキューレ」は、この物語をモチーフに作られた楽劇だ。ワグナーをこよなく愛するナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、国内のクーデターに備えた危機管理オペレーションを「ワルキューレ作戦」と名付けていた。 1934年、ヒトラーが国家元首に任命されて以降、ドイツ国内には反ヒトラー勢力が存在し、その暗殺計画は30回以上も企てられたとされる。連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期。名門貴族出身のドイツ人将校、クラウス・フォン・シュタウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/22 18:01
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」チラシ
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」チラシ 前作から5年。ミッション:インポッシブルの最新作は、監督にアニメーション映画『Mr.インクレディブル』と『レミーのおいしいレストラン』で2度のオスカーに輝いたブラッド・バードが起用され、鬼才・バードの実写映画への初挑戦作品となった。そして話題となったのは、ドバイの世界一高いビルとして知られるブルジュ・ハリファ(全高828メートル)での撮影。主人公のイーサンが、このビルの外部から進入する場面だ。ビルから宙づりになる撮影は、スタントマンに一切頼らずトム・クルーズが全て挑んでいる。また、視界ゼロの砂嵐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/05 16:42
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2」10月
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2」10月 スマステ!!月イチゴロー ランキング2010.10.30 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「ナイト&デイ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 07:23
映画「ナイト&デイ」チラシ
映画「ナイト&デイ」チラシ 2001年『バニラ・スカイ』、2002年『マイノリティ・リポート』以来の、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの2大スター競演。 平凡な女性の運命を変えた、男の正体は?陶酔を誘うアクションと危ういロマンスが彩る、極上のスタイリッシュ・エンターテインメント超大作! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/01 06:33
映画「ラスト・サムライ」チラシ
映画「ラスト・サムライ」チラシ ほろびゆく運命を知りながら、時代に逆らい、みずからを貫いた男たち。かつて日本に存在した「最後のサムライ」であることに殉じた男たち...。 本作は、ハリウッドが日本のサムライ・スピリットをテーマに据え、真正面から描く初めての映画です。しかも武士道への理解の深さは半端ではなく、時代考証も、日本の時代劇大作の常連である渡辺謙や真田広之といった俳優陣が驚いたほど正確。その背景にあるのは、エドワード・ズウィック監督とトム・クルーズの、サムライ・スピリットへの限りない敬意の念だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 13:39
TV「スマステ!!月イチゴローランキング1・2・3」3月
TV「スマステ!!月イチゴローランキング1・2・3」3月 スマステ!!月イチゴロー ランキング2009.3 イナガキ ベスト5(第1位) 映画「花の生涯 〜梅蘭芳(メイランファン)〜」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/30 17:56
映画「ワルキューレ」チラシ
映画「ワルキューレ」チラシ トム・クルーズが今回演じるのは実在した歴史上の人物。左目をアイパッチで覆い、独裁者ヒトラーを暗殺しようとした男。トム・クルーズのキャリアにおいては異例の外国人キャラクターとなる。しかし彼が演じるシュタウフェンベルク大佐は伝説の英雄として語り継がれている人物なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/27 17:15
映画「大いなる陰謀」チラシ2
映画「大いなる陰謀」チラシ2 2007年全米でこの作品が公開されたと同時に、その感動と衝撃に賛否両論の嵐が吹き荒れた。テロのない平和な世界にしたいと、大学院を蹴って戦地アフガニスタンへ志願する若者。一方、ワシントンでは、テロ対策の勝利を武器に大統領選に望もうと画策する政治家が、無謀な新戦略を繰り出そうとしている。若い命が政治に翻弄されていく、胸を打つ結末。「テロとの戦い」の裏側に潜む陰謀という壮大なテーマを、感動的なエンターテインメント作に仕上げたのは、名匠ロバート・レッドフォード監督。野心的な上院議員をエネルギッシュかつチ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/19 11:45
映画「大いなる陰謀」チラシ
映画「大いなる陰謀」チラシ アメリカの対アフガニスタン・テロ戦争の問題をベースに、政治家の野望、ジャーナリズムの使命によって引き起こされる戦場での兵士たちの苦悩を描き、観るものの心を大きく揺さぶる社会派の感動作。 主演トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードと夢の競演が実現した。本作は激しい戦闘シーンを織り交ぜながら、陰謀渦巻くクルーズと企みを暴こうとするストリープとの白熱シーンは圧巻で、手に汗握る迫力です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/14 17:14
映画「エンドレス・ラブ」チラシ
映画「エンドレス・ラブ」チラシ 全米で大反響を呼び、各界からの絶賛を受けたこの映画は、名匠フランコ・ゼフィレッリ監督。「ロミオとジュリエット」で若者の心をとらえ、「チャンプ」「ナザレのイエス」を経て、激しくも哀しい青春を見事に描いています。 初めて出逢ったときから、一人の美少女に熱い想いを寄せる若者。しかしその関係は、色々な障壁で二人を襲う。スコット・スペンサーのベストセラー小説の映画化作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 12:32
映画「アイズ ワイド シャット」チラシ
映画「アイズ ワイド シャット」チラシ 本作の撮影・編集は異常なまでの秘密主義で進められ、99年3月2日、トム・クルーズとニコール・キッドマン、そしてワーナー・ブラザースからの二名だけでニューヨークで初試写が行われた。映写技師もフィルムをセッティングした後は映写室を出されるという極秘試写だったそうです。 映画の冒頭、ニューヨークの豪壮なアパートメントのバスルームの中で、ドレスを着たニコール・キッドマンが便器に座っている横で、トム・クルーズが鏡を眺めてネクタイを直しているシーンは、この当時二人は婚姻関係にあった為、プライベートの二人を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/01 12:41
映画「カクテル」チラシ
映画「カクテル」チラシ 原作・脚本は、実際にバーテンダー体験を持つ、ニューヨーク・ポスト紙記者ヘイウッド・グールドで、トム・クルーズがバーテンダーになって、若者が体験する喪失と再生、そして真実の愛を知る青春物語です。共演は主人公ブライアンにバーテンダー・テクニックの全てを叩き込むダグ役にブライアン・ブラウン、ブライアンの生き方を変える画家志望のウェイトレス、ジョーダンにエリザベス・シューが演じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/22 16:16
映画「M: i 2」パンフ
映画「M: i 2」パンフ トム・クルーズ製作・主演とジョン・ウー監督のサスペンス・アクション。 コンピュータの天才ルーサーを味方につけ、女泥棒ナイアと共に今回も作戦不可能なミッションを成功させる。アクション分野では名匠の香港人監督ジョン・ウーがスリル満天のアクションを見せてくれます。またIMFの司令官にアンソニー・ホプキンスを迎えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 20:54
映画「宇宙戦争」チラシ
映画「宇宙戦争」チラシ この予告編は、スティーブン・スピルバーグ自信が監督した特別版で、この予告編のためのオリジナルシーンとして撮影されたものです。 生き残るために闘うアメリカ人家族の目を通して見た、人類の未来を賭けた壮絶な戦い。H・G・ウェルズの名作「宇宙戦争」を52年ぶりにスピルバーグ監督で復活させ、そして現代に置き換えられた新たな、SFアドベンチャー・スリラーの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 20:36
映画「アイズ ワイド シャット」チラシ
映画「アイズ ワイド シャット」チラシ 本作の撮影・編集は異常なまでの秘密主義で進められ、99年3月2日、トム・クルーズとニコール・キッドマン、そしてワーナー・ブラザースからの二名だけでニューヨークで初試写が行われた。映写技師もフィルムをセッティングした後は映写室を出されるという極秘試写だったそうです。 映画の冒頭、ニューヨークの豪壮なアパートメントのバスルームの中で、ドレスを着たニコール・キッドマンが便器に座っている横で、トム・クルーズが鏡を眺めてネクタイを直しているシーンは、この当時二人は婚姻関係にあった為、プライベートの二人を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/16 06:50
映画「マイノリティ・リポート」チラシ
映画「マイノリティ・リポート」チラシ スティーブン・スピルバーグとトムクルーズという最高の顔合わせで製作された近未来アクション・スリラー。原作はSF界の巨匠フィリップ・K・ディックの短編小説を、最高のスタッフとキャストで映像化させた作品です。 全く知らない男を殺すことを予知され、自らが率いている犯罪予防局に追われることになる主人公アンダートンをトム・クルーズが演じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/14 10:16
映画「M:i-2 2000」チラシ
映画「M:i-2 2000」チラシ トム・クルーズ製作、主演によるテレビ人気シリーズ「スパイ大作戦」を映画化して大ヒットしたサスペンス・アクションの第二弾。今回は香港出身のジョン・ウーが監督を務め、前作とは異なるスピーディーなアクションが展開されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/14 08:21
映画「ラスト・サムライ」パンフ
映画「ラスト・サムライ」パンフ かつて日本に「サムライ」と呼ばれた男たちがいた。その魂は、桜花の如く咲き誇り、散っていった。花は散るために咲くのではない。己の天命を知り、そのかけがえのない命を、一分の迷いもなくまっとうするからこそ美しく咲くのだ。 舞台は明治維新の日本国。トム・クルーズ演じるオールグレン大尉は、近代化を目指す政府軍の指南役として日本に招かれ、そこで誇り高き最後の「サムライ」と出逢うのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 13:27
映画「コラテラル」パンフ
映画「コラテラル」パンフ トム・クルーズがマイケル・マン監督と組んで描いた異色の犯罪ドラマです。 一晩で五人を暗殺する命令を受けた殺し屋ヴィンセント。銀髪姿も不敵な、この男に同行するハメになった平凡なタクシー運転手が、危険な状況に頭を混乱させながらも、やがて逆襲に転じていくサスペンス映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/02 12:46
映画「ザ・ファーム −法律事務所−」パンフ
映画「ザ・ファーム −法律事務所−」パンフ トム・クルーズの弁護士ミッチは、ハーバード大学の300人の卒業生の中でもトップの成績で卒業し、41人という少数精鋭の弁護士が勤務する法律事務所に破格の待遇で入社する。しかし、この事務所の中で四人の弁護士が悲劇的な死を遂げたことを知る。そしてこの事務所を影で操る巨大な悪の組織が存在することを知って、彼らと対決する運命になるのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 12:54
映画「ザ・エージェント」パンフ
映画「ザ・エージェント」パンフ この作品は自分のビジネスについての疑問や理想を想いながら、挫折をあじわいどん底の中で愛する人と出会い、迷い、傷つき、不器用に愛を育みながら、ほんとうに大切なものに気付いていく姿を描いたサクセス&ラブ・ストーリーです。 この作品でトム・クルーズはゴールデン・グローブ賞の最優秀主演男優賞を受賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 10:41
映画「M:i:III」チラシ
映画「M:i:III」チラシ トム・クルーズのイーサン・ハントの新たなミッションは、スパイを引退し教官になった彼が、自らの教え子の危機に立ち上がることから始まる。しかし、それがイーサンの本当の仕事を知らないフィアンセの命を危険にさらし、そしてイーサン自身が、謎めいた暗号名「ラビットフット」の正体を知るかつてない強敵に阻まれ、絶体絶命のピンチに陥っていくことに結びついていく...。果たして彼はタイムリミットが迫る中、IMFの仲間と共に世界を駆け巡り、不可能なミッションを遂行できるのだろうか? 公式サイト、http://www... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/13 13:02
映画「宇宙戦争」パンフ
映画「宇宙戦争」パンフ 偉大な映画監督スティーヴン・スピルバーグと、国際的スーパー・スター、トム・クルーズが放つ超大作です。 生き残るために闘うアメリカ人家族の目を通して見た、人類の未来を賭けた壮絶な戦い。H・G・ウェルズの名作「宇宙戦争」を52年ぶりに復活させ、そして現代に置き換えられた新たな、SFアドベンチャー・スリラーの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/23 09:13
映画「デイズ・オブ・サンダー」
映画「デイズ・オブ・サンダー」 トップ・スターとなったトム・クルーズが、俳優としての原点にかえり、命を賭けた青春を鮮烈に演じきったエキサイティングな作品で、トム・クルーズ自身があたためてきたストックカー・レースを題材にした映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/22 08:46
映画「7月4日に生まれて」
映画「7月4日に生まれて」 「レインマン」の映画での、アイドル・スターから、演技派アクターへと完全に脱皮したトム・クルーズと「プラトーン」でアカデミー監督賞を受賞したオリヴァー・ストーン監督との作品で、原作者であり、脚本も担当したロン・コーヴィックの実話を基に製作されました。この作品もアカデミー監督賞、編集賞を受賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 12:25
映画「レインマン」パンフ
映画「レインマン」パンフ 10代の頃、父親と衝突して家を出て以来、自由奔放に生きてきたトム・クルーズの若者に、父親の死亡の知らせが届く。遺産目当てに帰郷した若者を待っていたのは、自閉症で40数年間も孤独の世界に生きる実の兄の存在と、その兄が全ての遺産相続人ということを知るのだ...。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/01 15:28
映画「ハスラー2」パンフ
映画「ハスラー2」パンフ 前作「ハスラー」の25年後の設定で、ポール・ニューマン演じるエディが、昔の自分を見るような若きハスラーを育てていく物語です。この映画でポール・ニューマンは念願のアカデミー賞主演男優賞を受賞するのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 15:19
映画「アイズ ワイド シャット」
映画「アイズ ワイド シャット」 スタンリー・キューブリック監督の遺作となった作品で、撮影に18ヶ月、編集に約1年をかけた「フルメタル・ジャケット」以来12年ぶりの映画です。撮影・編集は異常なまでの秘密主義で進められ、99年3月2日、トム・クルーズとニコール・キッドマン、そしてワーナー・ブラザースからの二名だけでニューヨークで初試写が行われた。映写技師もフィルムをセッティングした後は映写室を出されるという極秘試写だったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 11:50
映画「カクテル」
映画「カクテル」 原作・脚本は、実際にバーテンダー体験を持つ、ニューヨーク・ポスト紙記者ヘイウッド・グールドで、トム・クルーズがバーテンダーになって、若者が体験する喪失と再生、そして真実の愛を知る青春物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 17:50
映画「卒業白書」パンフ
映画「卒業白書」パンフ トム・クルーズのジョエルは17歳。ジョエルの父母は中産階級で、ジョエルには一流大学を出て、一流企業に進んでほしいと思っている。しかしジョエルは成績はイマイチで、どこの大学に入れるか心配していた。そんなジョエルが若くてセクシーで世知にたけた高級コールガールと知合うのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 14:53
映画「エンドレス・ラブ」パンフ
映画「エンドレス・ラブ」パンフ 初めて出逢ったときから、一人の美少女に熱い想いを寄せる若者。しかしその関係は、色々な障壁で二人を襲う。スコット・スペンサーのベストセラー小説の映画化作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 14:00
映画「トップガン」パンフ
映画「トップガン」パンフ 1963年アメリカ海軍は、パイロットの1パーセントのためのエリート学校を設立した。ここの訓練生たちはエリート中のエリートをめざし、日夜厳しい訓練に明け暮れるのだ。世界最高のこれらパイロットを養成するこの学校と訓練生を「トップガン」と呼んだ。 トム・クルーズのマーベリックもトップガンに仲間入りした一人で、講師の女性教官に心ときめかせ、やがて恋となりそして愛が燃え上がるのだ...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 13:15
映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」パンフ
映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」パンフ もっとも愛するものに、永遠の命を与えることのできる種族・ヴァンパイア。選んだ男トム・クルーズ。選ばれた男ブラッド・ピット。すべての欲望は解き放たれ、愛の罪を裁く者はいない。世紀末の夜を旅する、時の果てまで孤独な男たち。 「もし本当のことを知る勇気があるなら、聞かせてあげよう...」 サンフランシスコの街を見下ろす一室で、1人の美しい青年が、インタビューに答えて語り始めるのだ...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/27 17:44
☆トム・クルーズ略歴
☆トム・クルーズ略歴 ★TOM CRUISE ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/27 17:12
映画「ミッション:インポッシブル」パンフ
映画「ミッション:インポッシブル」パンフ 日本でもテレビ・シリーズ「スパイ大作戦」という名で放送されていた作品を、トム・クルーズのプロダクション「クルーズ/ワグナー」が第一回作品として製作された映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 18:58

トップへ | みんなの「トム・クルーズ」ブログ

映画スター★映画パンフ トム・クルーズのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる