アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中井貴一」のブログ記事

みんなの「中井貴一」ブログ

タイトル 日 時
映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」チラシ
映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」チラシ 陣内孝則が9年ぶりにメガホンをとった長編映画第3作目の作品で、全ての人に訪れる「人生の節目」をテーマにしたヒューマンコメディ。 葬式、見合い、成人式、出産、結婚という人生の転機となる出来事に遭遇した人々の悲喜こもごもを描き、誰もが共感できるような物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/25 13:24
映画「グッドモーニングショー」チラシ
映画「グッドモーニングショー」チラシ 「踊る大捜査線」の脚本家・君塚良一が贈るオリジナルコメディ。 同僚女子アナからの告白、番組打ち切りの危機、立てこもり事件の現場取材など、中井貴一が次から次へと降りかかる災難に翻弄されるワイドショーのキャスターを演じ、その波乱の一日を描いたコメディです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 12:11
映画「アゲイン 28年目の甲子園」チラシ
映画「アゲイン 28年目の甲子園」チラシ 元高校球児が再び甲子園を目指す〈マスターズ甲子園〉。原作は、この実在の大会を舞台に「とんび」の直木賞作家・重松清が綴った、夢と人生の物語。 元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う〈マスターズ甲子園〉をテーマにした感動作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 01:22
映画「柘榴坂〈ざくろざか〉の仇討〈あだうち〉」チラシ
映画「柘榴坂〈ざくろざか〉の仇討〈あだうち〉」チラシ 歴史小説から現代劇まで幅広いジャンルを手掛ける浅田次郎の短編小説を、『沈まぬ太陽』『ホワイトアウト』の若松節朗監督が、中井貴一&阿部寛主演で映画化した歴史時代劇。 「桜田門外の変」で敬愛する主君・井伊直弼を失い、仇敵を追い続ける男。大老を暗殺した後、身を隠し孤独に耐える男。そして二人を陰で支える心優しい女たち...。 江戸から明治へ激変する時代の中、十三年の時が流れ、ついに二人の男は巡りあう。しかしそこには、思いがけない運命が待ち受けていた...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 02:01
映画「天地明察〈てんちめいさつ〉」チラシ
映画「天地明察〈てんちめいさつ〉」チラシ 星好きなこの男に託されたのは、時代の常識をひっくり返す大計画だった! 『おくりびと』での米国アカデミー賞外国語映画賞受賞から3年。全世界が注目する滝田洋二郎監督、待望の最新作は、2010年本屋大賞第1位、冲方丁〈うぶかたとう〉のベストセラー小説「天地明察」の映画化です。 江戸時代に天文学者? 星の位置を測り、日本で初めての暦作りに挑戦した安井算哲の物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/05 10:24
映画「麒麟の翼 キリンノツバサ」チラシ2
映画「麒麟の翼 キリンノツバサ」チラシ2 日本中が泣いた大ヒットドラマ「新参者」の劇場版が登場、阿部寛、新垣結衣、中井貴一ほか豪華キャストで競演。親と子〜家族〜愛する人との「絆・繋がり」をテーマに描く感動大作! 刑事・加賀恭一郎「運命の事件」、それは最も哀しき殺人。 「加賀さん、あなたは何もわかっていない」 最後の謎は、愛を知らない者には解けない! 物語の舞台は、東京・日本橋。「ツバサのある麒麟像」の下で男が腹を刺されて息絶えた。彼はなぜ腹部にナイフが刺さったまま日本橋まで8分間も歩いてきたのか? 所轄の刑事・加賀恭一郎が挑む... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 10:32
映画「ステキな金縛り」チラシ2
映画「ステキな金縛り」チラシ2 構想10年以上!三谷幸喜が一番実現させたかった企画が、ついに映画化! 三谷幸喜が記念すべき生誕50周年を迎える今年、監督5作目となる待望の最新作は、将来性ゼロの三流弁護士・エミが、落ち武者の幽霊・六兵衛の力を借りて難事件の裁判に挑むという内容です。出演者はエミに深津絵里、六兵衛に西田敏行、エミの弁護士事務所のボスに阿部寛、事件の被害者であり重要証人でもある双子の姉妹に竹内結子、六兵衛の子孫の歴史学者に浅野忠信、著名な人権弁護士だった亡きエミの父親に草なぎ剛、そして、エミの前に立ちはだかる敏腕検... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 13:51
映画「プリンセス・トヨトミ」チラシ2
映画「プリンセス・トヨトミ」チラシ2 その奇想天外な設定とストーリーテリングの卓越さから、一躍ベストセラー作家となった万城目学の「プリンセス・トヨトミ」の映画化。デビュー作「鴨川ホルモー」では京都を舞台に、オニを操る若者たちの青春を。第2作「鹿男あをによし」では奈良を舞台に、人間の言葉を話す鹿から人類を救うことを命じられた男の奮闘を、ユーモアたっぷりに描いた。本作では、今まで以上にワクワクする「大ホラ話」が大阪を舞台に描かれています。「大阪が全停止した!」という設定から物語が始まり、東京から大阪に足を踏み入れた会計検査院調査官の3人... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/18 13:16
映画「RAILWAYS [レイルウェイズ]」チラシ
映画「RAILWAYS [レイルウェイズ]」チラシ 本作の主人公・筒井肇が、家庭も顧みないくらい没頭して働いてきた会社をためらうことなく辞め、自分の子供の頃からの夢を成し遂げる決意をしたのは、49歳の時だった。あなたは、あなたの夢を忘れてはいませんか。子供の頃したかったこと、大人になったらなりたかったもの...。あなたは今日まで頑張って来ました。家庭のため、安定した収入のため、出世のため、メンツや体裁のため...。でも、もういいんじゃないですか。一度しかない人生。決して後悔しないように生きましょう。もうそろそろ、自分の好きなことをしてもいいのでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/26 14:27
映画「亡国のイージス」チラシ2
映画「亡国のイージス」チラシ2 最新鋭のイージス護衛艦「いそかぜ」がテロリストによって占領された。そのミサイルには一瞬で都市を壊滅させる特殊兵器が搭載されていた。標的は1,200万人の首都・東京。日本政府につきつけられたとてつもない要求。残された時間は10時間。国家最大の危機にたった1人の男が立ち上がった。それは、「いそかぜ」先任伍長の仙石・海曹長。「この艦の乗員たちを守る。それが俺の任務だ!」。 対して、「要求を果たさなければ、特殊爆弾のミサイルを東京に撃ち込む!」と言う、「いそかぜ」副長の宮津・2等海佐たち幹部。ヨンファ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/16 11:10
映画情報「次郎長三国志/大馬鹿者でござんす。」
映画情報「次郎長三国志/大馬鹿者でござんす。」 清水の次郎長とは、江戸後期から明治にかけ駿河(静岡県)に実在したやくざ者。清水一家の大親分として、森の石松ら子分を率いて大暴れした。 次郎長の養子・天田五郎が書いた「東海遊侠伝」をもとに、1952年に村上元三が痛快時代小説「次郎長三国志」を発表。マキノ雅弘監督により、東宝で9本('52〜'54)、東映で4本('63〜'65)のシリーズとして映画化。東映作品には本作監督の津川雅彦も出演していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 08:19
映画「次郎長三国志/大馬鹿者でござんす。」チラシ
映画「次郎長三国志/大馬鹿者でござんす。」チラシ 艶っぽく小粋で笑えるオトナの映画『寝ずの晩』で初監督したマキノ(津川)雅彦が待望の第2作目を完成させた。挑んだのは叔父で日本映画の巨匠、マキノ雅弘監督十八番の痛快時代劇「次郎長三国志シリーズ」。チャンバラの迫力のみならず「惚れて、恋して...泣ける!」という恋愛ドラまの要素も充分に含んだ大傑作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 16:06
映画「陰陽師〈おんみょうじ〉II」パンフ
映画「陰陽師〈おんみょうじ〉II」パンフ 平安の時代。それはまだ、人と妖かしが共に生きていたとき。都では夜闇を鬼が跳梁し、身分高き者たちを襲うという怪異が相次いでいた。 平安の都。そこは、光と闇が交わりし所。 光なす貴族たちの宴が繰り広げられるその影では、悪政や貧困に苦しむ民たちの喘ぐ声が闇を満たしていた。 人々は、現世(うつしよ)の苦しみから解かれようと来世に思いをなし、仏や神に救いを求めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 21:47
映画情報「次郎長三国志」
映画情報「次郎長三国志」 艶っぽくも小粋。人生の酸いも甘いも噛み分けた豊かな筆致に加え、説話手法が数珠繋ぎに連なる卓越した語り口。監督の叔父である、日本映画界が誇る生粋の娯楽派&活劇系の巨匠、マキノ雅弘監督が生涯で実に13本も手がけた超人気シリーズに、雅彦監督が満を持して挑む! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 14:06
映画「どろろ」チラシ
映画「どろろ」チラシ 自らの体を取り戻すため、左腕につながれた妖刀で魔物たちに立ち向かう「百鬼丸」。自分だけを信じて、百鬼丸の妖刀を奪おうとするコソ泥「どろろ」。 手塚治虫作品の中で実写映像は不可能とされていたが、発表から40年を経て不可能を可能にして製作されました。 「どろろ」は1970年代にTBS系テレビ・アニメで放映されていました。その時の背景は戦国時代となっていましたが、この作品ではいつでもない時代、どこでもない場所という神話的なストーリーに設定し、ニュージーランドで撮影されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/22 16:07
映画「燃ゆるとき」チラシ
映画「燃ゆるとき」チラシ 大ヒットした映画『金融腐蝕列島−呪縛−』の原作者として知られる経済小説の第一人者・高杉良が、実在する食品会社をモデルにしたベストセラー「燃ゆるとき」「ザ エクセレント カンパニー/新・燃ゆるとき」をもとに、細野辰興がメガホンをとった作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 12:48
映画「どろろ」チラシ
映画「どろろ」チラシ 自らの体を取り戻すため、左腕につながれた妖刀で魔物たちに立ち向かう「百鬼丸」。自分だけを信じて、百鬼丸の妖刀を奪おうとするコソ泥「どろろ」。 手塚治虫作品の中で実写映像は不可能とされていたが、発表から40年を経て不可能を可能にして製作されました。 「どろろ」は1970年代にTBS系テレビ・アニメで放映されていました。その時の背景は戦国時代となっていましたが、この作品ではいつでもない時代、どこでもない場所という神話的なストーリーに設定し、ニュージーランドで撮影されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 16:18
映画「陰陽師(おんみょうじ)II」チラシ
映画「陰陽師(おんみょうじ)II」チラシ 啼くよ(794)、物の怪、平安京 雅な世界の一方で、光と闇の境界が崩れ、鬼、あやかしが跋扈する世界がひろがっていた。まさに、それは百鬼夜行...。 しかし、その暗黒の世界を「呪」をもって制する「陰陽師」と呼ばれる男たちがいた。世の理に通じて、人々が恐れる暗黒の世を消し去り、その心を癒す最強の陰陽師、その名は安倍晴明。彼はただ一人、平安の闇から人々を救う人物だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 09:16
映画「HERO ヒーロー」チラシ3
映画「HERO ヒーロー」チラシ3 本作のゲストには、日本を代表するエンターテイナー・タモリが森田一義の名で参加。久利生(くりゅう)検事と、蒲生(がもう)弁護士が争う刑事事件に絡む大物代議士・花岡練三郎役という、ストーリーの鍵を握る役を演じ、シリーズ初の海外ロケには、韓流スターのイ・ビョンホンが日本映画初出演しています。さらに、昨年夏のテレビスペシャルに出演した中井貴一が同じ役柄で出演し、綾瀬はるか、香川照之、国仲涼子、岸部一徳ら日本を代表するキャストとなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/02 13:35
映画「どろろ」チラシ1
映画「どろろ」チラシ1 自らの体を取り戻すため、左腕につながれた妖刀で魔物たちに立ち向かう「百鬼丸」。自分だけを信じて、百鬼丸の妖刀を奪おうとするコソ泥「どろろ」。 手塚治虫作品の中で実写映像は不可能とされていたが、発表から40年を経て不可能を可能にして製作されました。 「どろろ」は1970年代にTBS系テレビ・アニメで放映されていました。その時の背景は戦国時代となっていましたが、この作品ではいつでもない時代、どこでもない場所という神話的なストーリーに設定し、ニュージーランドで撮影されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/01/26 13:45
映画「亡国のイージス」パンフ
映画「亡国のイージス」パンフ イージス(AEGIS)、それはギリシャ神話に登場する「無敵の盾」を意味する。 しかし日本において、それが某国からの攻撃に対し「無敵の盾」に本当になるのか。日本国憲法では、某国から攻撃されれば戦闘態勢(防衛)はできるが、先制攻撃は出来ない。それで良いのかという問題作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 16:19
映画「寝ずの番」チラシ
映画「寝ずの番」チラシ 映画に携わる人達を今でも「カツドウヤ」という。その元祖ともいえる日本映画界の創始者マキノ省三が、初めて映画の撮影をしてから100年目に、祖父に省三、叔父にマキノ雅弘を持つ俳優・津川雅彦が「マキノ雅彦」で監督デビューした作品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/03 13:20

トップへ | みんなの「中井貴一」ブログ

映画スター★映画パンフ 中井貴一のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる