アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「堤 真一」のブログ記事

みんなの「堤 真一」ブログ

タイトル 日 時
映画「本能寺ホテル」チラシ
映画「本能寺ホテル」チラシ 『プリンセス トヨトミ』のキャスト&スタッフが、今度は京都を舞台に描く歴史ミステリー。 不思議なエレベーターに乗って、戦国時代に迷い込んだヒロインが、歴史事件「本能寺の変」前日の織田信長に出会って、歴史の謎に迫る物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 12:05
映画「神様はバリにいる」チラシ
映画「神様はバリにいる」チラシ 『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が豪華キャストで贈る、「自分を変えたい」大人たちに捧げる実話が生んだ開運エンタテイメント。 事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロインの元女社長が大富豪のアニキと出会い、人生をやり直そうとする姿を描くヒューマンコメディ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 01:15
映画「地獄でなぜ悪い」チラシ
映画「地獄でなぜ悪い」チラシ 今や日本のみならず、世界中から熱い視線が注がれる映画監督・園子温。昨年は東日本大震災と原発事故に直面した日本の状況を、いち早くフィクションで再構築した『ヒミズ』『希望の国』を相次いで発表。これまで『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』などで知られた「性と暴力の過激な映画作家」のイメージを覆して幅広い観客層から絶賛を集めた。 待望の新作は、社会派映画監督と呼ばれるようになった自らのイメージを破壊することを楽しむかのような超娯楽作品!約20年前、映画への野心を胸に執筆した幻のオリジナル脚本に改... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 14:10
映画「俺はまだ本気出してないだけ」チラシ
映画「俺はまだ本気出してないだけ」チラシ 「このマンガがすごい!」にランクインした人気原作をもとに、監督・脚本を手掛けるのは「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」「コドモ警察」など、いま最も多忙なクリエイターの一人である福田雄一。映画化の話を受けて「原作に似た方をキャスティングして『似てるね』って言われても嬉しくない。ジャンプ幅を持たせたい」と、以前舞台で仕事をした堤真一に主役をオファー。堤真一も「冗談かと思っていたら原作者からOKが出て、『え?本当にやるの?』と(笑)。 すべての迷えるおとなに贈る、「迷子のおとな」アドベンチャー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/07 02:33
映画「宇宙兄弟」チラシ
映画「宇宙兄弟」チラシ 日本人初の兄弟宇宙飛行士を目指すスケール感の大きさと、感動的で熱い兄弟ドラマで人気を博し、2011年には講談社漫画賞と小学館漫画賞を同年にW受賞という史上初の快挙を達成。現在500万部を超える大ベストセラーとなっている「宇宙兄弟」の待望の映画化! 幼い兄弟が交わした約束。そして時は流れ、西暦2025年...。 約束通り、宇宙飛行士となった弟・日々人〈ヒビト〉。一方、自動車会社をクビになり、無職になった兄・六太〈ムッタ〉。弟から1本の電話をきっかけに兄は、再び宇宙を目指し始める...。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/18 21:06
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」チラシ2
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」チラシ2 世界一の東京タワーが完成した「昭和33年」。 日本橋の空に、まだ高速道路が通ってなかった「昭和34年」。 そして、アジアで初となる東京オリンピックが開催された「昭和39年(1964年)」。 高度経済成長の真っただ中にあり、日本中が熱気にあふれていたこの年を舞台に、あの「三丁目」の住民たちが、3D映像で帰ってきました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 00:48
映画「プリンセス トヨトミ」チラシ
映画「プリンセス トヨトミ」チラシ いま明らかになる、歴史を覆す真実。驚天動地のエンターテインメント、遂に始動! その日、大阪が全停止した。 このことは誰も知らない。七月八日の金曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。 通常の街としての営業活動、商業活動は停止。地下鉄、バス等の公共機関も運転をやめた。種々の非合法活動すら、その瞬間、この世から存在を消した。 四百年に渡って封印されてきた扉を開ける重要な「鍵」となったのは、東京からやって来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった...... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/20 19:44
映画「SP(SECURITY POLICE)革命篇」チラシ
映画「SP(SECURITY POLICE)革命篇」チラシ 「SP」遂に、革命篇で完結! 「俺たちでこの国の腐り切ったシステムを変えてやるんだ。二十年前のおまえのような子供を二度と生み出さないためにな」 「システムを変えるって...、いったい何をしようって言うんですか?」 「寝ぼけた国民の意識を覚醒させる」 「暴力を使ってですか?」 「大きく目を開かせて、これまで見ない振りをしてきた現実を直視させるんだ」 「恐怖で人の心を支配するんですか?」 「正しい方向に導くだけだ。目的が正しければ、手段は正当化される...」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/28 08:33
映画「SP(SECURITY POLICE)THE MOTION PICTURE」チラシ
映画「SP(SECURITY POLICE)THE MOTION PICTURE」チラシ 2007年冬、フジテレビ系で放映されたドラマ「SP エスピー」。「今までにないドラマ」を目指してスタートしたオリジナル企画にもかかわらず、斬新なストーリー構成と観る者の心を捉える迫真のアクションシーンが話題を呼び、深夜ドラマとしては歴代1位(平均15.4%)の驚異的な高視聴率を記録した。その圧倒的な人気は、ゴールデンタイムに進出したドラマスペシャルで20%超えを叩き出し、ドラマ史に残る驚異的な一大ブームメントへと進化した。その「SP」プロジェクトが遂に映画化が決定し、10月30日に公開されること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 14:02
映画「孤高のメス」チラシ
映画「孤高のメス」チラシ 本作は、医療制度の深部を描いたベストセラー小説「孤高のメス」の完全映画化です。原作者は、現職の医師で、誰よりも医療事情に精通している大鐘稔彦。実際に生体肝移植を執刀している医療チームの監修による、忠実な手術シーンを映像化しています。 「患者を救う」という当たり前の行為の前に立ちはだかる諸問題。それは医師不足、手術ミス、地域医療、法律に縛られた臓器移植...。本当の医療のあるべき姿とは?病院とは?真摯に向き合う1人の医師の信念が、深い感動を呼び起こす作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 09:46
映画「クライマーズ・ハイ」パンフ
映画「クライマーズ・ハイ」パンフ 「クライマーズ・ハイ」は、1985年夏、地元群馬県の地方紙の社会部記者として日航機墜落事故に遭遇し、取材に携わった作家・横山秀夫が、自らの体験をもとに、2003年8月に放った衝撃作。この作品は、2003年週刊文春傑作ミステリーベストテン第1位、2004年本屋大賞2位など圧倒的な支持を受け、今なおベストセラーになっています。その作品の映画化です。 1985年8月12日、東京羽田から大阪行きの日航機が墜落した。乗客乗員524名。うち生存者は4名、それは奇跡の生還だった。 群馬県、北関東新聞社。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 09:33
映画「舞妓Haaaan!!!まいこはーん」パンフ
映画「舞妓Haaaan!!!まいこはーん」パンフ 「一見さんお断り」という神秘のベールに包まれた「舞妓」の世界。脚本家・宮藤官九郎は「いろいろ調べたら、いっぱいネタがあって面白かったです」と言うように、そこは現代の常識では計り知れないルールやしきたりが満載だった。そして宮藤の「舞妓」をテーマにしたオリジナル映画脚本が完成したのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 11:38
TV「スマステ!!月イチゴローランキング1」10月
TV「スマステ!!月イチゴローランキング1」10月 スマステ!!月イチゴロー ランキング2008.10 イナガキ ベスト5(第1位) 映画「容疑者Xの献身」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 06:59
シネコン「クライマーズ・ハイ」
シネコン「クライマーズ・ハイ」 人気作家・横山秀夫の同名小説を映画化。85年8月に起きた、群馬県御巣鷹山での日航ジャンボ機墜落。死者520名という、未曾有の航空事故に遭遇した地元新聞記者たちの7日間を追う。他紙に抜かれまいとスーツ姿で現場の山へ登る記者、ネタの大きさに嫉妬する古株集団の横やり、締め切りを巡る販売部との攻防...。一瞬も気が抜けない記者たちの壮絶な姿を細かいカット割りで臨場感満点に活写し、報道の存在意義や人命の尊さを観る者に問うベテラン監督・原田眞人の手腕はさすが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 08:07
映画「クライマーズ・ハイ」チラシ2
映画「クライマーズ・ハイ」チラシ2 1985年8月12日。群馬県の山中(後に、御巣鷹山〈おすたかやま〉と命名される)にJAL123便が墜落。死者520名という世界最大で最悪の単独航空機事故が発生した。当時、地元紙の社会部記者としてこの大事故を取材した作家・横山秀夫が自らの壮絶な体験を元に17年の時をかけて書き上げた作品「クライマーズ・ハイ」。発刊当時各賞を席巻した大ベストセラーの完全映画化です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 14:15
映画「舞妓Haaaab!!! まいこはーん」チラシ2
映画「舞妓Haaaab!!! まいこはーん」チラシ2 「舞妓」しか愛せないサラリーマン・鬼塚公彦を演じるのは、阿部サダヲ。俳優「グループ魂」での音楽活動などで異彩を放ち続ける男が、遂に映画初主演を射止めた。 鬼塚公彦は舞妓はんとの「野球拳」を夢見ていたが、プロ野球選手の登場で今度は、公彦はプロ野球選手を目指すことになる。そして公彦に捨てられた元恋人の柴咲コウが扮するOL・大沢富士子は京都で舞妓を目指すのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 09:46
映画「山のあなた 徳市の恋」チラシ
映画「山のあなた 徳市の恋」チラシ 本作は1938年に、日本映画史に残る名匠・清水宏監督が発表した佳編『按摩と女』を完全カヴァーした作品です。監督は石井克人で、今から4年前、先輩・長尾直樹監督に薦められて清水宏監督作品を何本も観るうちに、2003年に自分が発表したホームドラマ「茶の味」で目指した自分の演出方法との接点を見つけたことだった。そして最も興味をそそられたのが『按摩と女』だった。山間の温泉地を舞台に、そこで働く按摩と東京から来た美しい女性との淡い恋を映し出した物語。「出来ればこの作品をカラーで、しかも現代の高画質で観たい」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 16:18
映画「ローレライ」チラシ2
映画「ローレライ」チラシ2 原作小説は「終戦のローレライ」として2002年12月に発表されてから各賞を受賞、「2004年版このミステリーがすごい!」でも第二位にランキングされたベストセラーです。 歴史上闇に葬られた海戦。それは日本への三発目の原爆投下だった。想像を超えたストーリー展開と驚愕の映像。ダイナミックな活劇と重厚な人間ドラマ、幾多の障害を乗り越えた純愛。これは極限状態を生き抜いた男たちの「誇り」「命」「希望」を感動的に描く大作です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/30 08:35
映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ9
映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ9 監督・脚本は『ラスト・サムライ』で俳優としても活躍する原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型建物、アクションや爆破シーン、VFXを駆使した映像と、豪華絢爛なシーンの数々が観る者に迫り、東京事変によるエンディングテーマが華を添える。ハコをめぐる謎が新たな謎を呼び、予測不可能な展開が猛烈なテンポで次々と押し寄せる、全く新しいスーパーハイスピードなサスペンスです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/25 13:42
映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ
映画「魍魎の匣〈もうりょうのはこ〉」チラシ ベストセラー「京極(百鬼夜行)シリーズ」。なかでも日本推理作家協会賞に輝き最高傑作の呼び声高い「魍魎の匣」が、原作者本人も「びっくりした」と言う大胆なアプローチで映画化されました。 監督・脚本は『ラスト・サムライ』で俳優としても活躍する原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型建物、アクションや爆破シーン、VFXを駆使した映像と、豪華絢爛なシーンの数々が観る者に迫り、東京事変によるエンディングテーマが華を添える。ハコをめぐる謎が新たな謎... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/21 13:34
TV「スマステ!!月イチゴロー ランキング2」11月
TV「スマステ!!月イチゴロー ランキング2」11月 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 08:51
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」チラシ2
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」チラシ2 2005年11月に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」は、大ヒットもさることながら、日本アカデミー賞など各映画賞を獲得し、さらには再び日本に「昭和ブーム」を巻き起こすなど「映画」という枠を超えた「社会現象」にまでなりました。あれから2年、続編を望む数多くの声に応えて続編が作られることになった作品です。 前作と同じキャスト・スタッフに新たな豪華出演メンバーも加わり、昭和34年の東京を舞台にした心温まるストーリーが展開されます。今回は日本橋の情景が再現されているのも見ものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/01 14:22
映画「フライ, ダディ, フライ」チラシ
映画「フライ, ダディ, フライ」チラシ 直木賞作家・金城一紀の初映画脚本であり、小説として刊行された「フライ, ダディ, フライ」の映画化です。 小説を読み、主人公の「高校生・スンシン」を演じることを「最高の光栄」と語るほどの岡田准一の熱望と、高校生に鍛えられる「おっさん・鈴木さん」に扮し、猛暑の中を走り続けた堤真一の強烈な熱演で作られた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 14:47
映画「着信アリ」チラシ
映画「着信アリ」チラシ ふと気が付くと携帯に表示されている「着信アリ」のメッセージ。 発信先は不思議なことに自分の携帯番号。そして着信時刻は三日後。 メッセージを再生すると、明らかに自分の声が聞こえる。しかも、その声は救いようのない恐怖に彩られている。 そして、三日後のその時刻。現実に死が訪れるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 11:13
映画「フライ, ダディ, フライ」チラシ
映画「フライ, ダディ, フライ」チラシ 直木賞作家・金城一紀の初映画脚本であり、小説として刊行された「フライ, ダディ, フライ」の映画化です。 小説を読み、主人公の「高校生・スンシン」を演じることを「最高の光栄」と語るほどの岡田准一の熱望と、高校生に鍛えられる「おっさん・鈴木さん」に扮し、猛暑の中を走り続けた堤真一の強烈な熱演で作られた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/09 07:43
映画「着信アリ」チラシ
映画「着信アリ」チラシ ふと気が付くと携帯に表示されている「着信アリ」のメッセージ。 発信先は不思議なことに自分の携帯番号。そして着信時刻は三日後。 メッセージを再生すると、明らかに自分の声が聞こえる。しかも、その声は救いようのない恐怖に彩られている。 そして、三日後のその時刻。現実に死が訪れるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 16:16
映画「地下鉄〈メトロ〉に乗って」チラシ
映画「地下鉄〈メトロ〉に乗って」チラシ いつものように会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった。 原作は浅田次郎の同名小説で、タイムスリップした主人公の堤真一が過去に戻ってしまい、嫌いだった父親の真実の姿を知って感動するという作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 09:04
映画「秋の3夜、あなたはどの愛で泣きますか?」チラシ
映画「秋の3夜、あなたはどの愛で泣きますか?」チラシ あなたは、どの愛で泣きますか? 2006年秋の三夜、特別試写会 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 22:33
映画「着信アリ」パンフ
映画「着信アリ」パンフ 企画・原作は様々な分野で活躍する秋元康で、自身がふとしたことから着想したアイデアを映画の形にしたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 19:03
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」パンフ
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」パンフ 昭和33年、日本はけっして裕福ではなかったけれど、人々は一生懸命にそれぞれの希望を持って生きていた時代の映画です。 原作は、西岸良平による「三丁目の夕日」で、連載開始から30年以上にわたって読者に愛され続け、シリーズ発行部数1,400万部を誇る人気作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 09:48

トップへ | みんなの「堤 真一」ブログ

映画スター★映画パンフ 堤 真一のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる