映画「スペース カウボーイ」

ロシアの宇宙衛星に重大なトラブルが発生した。あまりにも旧式の回路に対応できないNASAは、同じ型の通信システムを設計した元テスト・パイロット、コービンに修理を依頼するのだった。

〈ストーリー〉
1958年、宇宙へ飛び立つ日を待つ四人の男たちがいた。彼らは「チーム・ダイダロス」といい、空軍きってのエリート・パイロット・チームだった。アメリカ初の宇宙飛行士になるはずだったが、プロジェクトの権限が空軍からNASAに移動し、名誉ある任務を遂行したのは彼らではなく一匹のチンパンジーだった。あれから40年、ダイダロスのメンバーはすでに空軍を引退していた。
ある日、NASAのスタッフがフランク・コービンのもとに来て、ロシアの通信衛星アイコンのシステムが故障し、地球に落下してくる可能性があるので、かつて同じシステムを持つアメリカの人工衛星スカイラブを設計したコービンに修理してくれないかと頼むのだった。彼はそれを引き受けるが、一つだけ条件をつけた。それはかつての仲間「チーム・ダイダロス」を再結成させることだった。

製作/2000年 
公開/2000年 アメリカ映画 130分

監督/クリント・イーストウッド
脚本/ケン・カウフマン
   ハワード・クラオスナー

出演/クリント・イーストウッド
    :設計者/フランク・コービン
   トミー・リー・ジョーンズ
    :パイロット/ホーク・ホーキンズ
   ドナルド・サザーランド
    :天体物理学者/ジェリー・オニール
   ジェームズ・ガーナー
    :ロボット工学研究者/タンク・サリバン
   ジェームズ・クロムウェル
    :NASAの高官/ボブ・ガーソン
   マーシャ・ゲイ・ハーデン:サラ・ホランド
   ウィリアム・デベイン:ユージーン・デイビス

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,000円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック