☆チャールズ・ブロンソン略歴

★CHARLES BRONSON

 1921年11月3日、アメリカ、ペンシルバニア州アーレンフェルドにロシア移民の子として生まれる。ハイスクール時代から俳優を志望していたが、卒業とともに亡き父の後を継いで炭坑夫となり、人夫、料理人、ボクサー、水泳教師などをしているうちに、ある演劇グループと知り合い、小劇場に出演する。さらにパサデナ・プレーハウスで演劇を習い卒業後、29歳の時に「You're in the Navy Now」で映画界入りした。しかし下積みの端役生活は長く、54年「アパッチ」「ヴァラクルス」、55年「真昼の脱獄」など、荒くれ男の役で出演していたものの、あくまでも引き立て役にすぎなかった。
 彼の名が売れるようになったのは、58年から始まったテレビ・シリーズ「カメラマン・コバック」と、同じ年の映画「機関銃ケリー」の主役だった。
 60年の「荒野の七人」あたりからブロンソンは主役に近い傍役としてのコンスタントな活躍をするようになる。
 63年の「大脱走」、68年「サンセバスチャンの攻防」「戦うパンチョ・ビラ」など、着々とその地位を固めてきた。それでも当時の彼はまだ、一級作品の看板スター扱いではなかった。彼が大スターになったのはハリウッドではなく、ヨーロッパだった。
 68年のアラン・ドロンと共演したフランス映画「さらば友よ」の大ヒット、マカロニウエスタンの「ウエスタン」でのもの凄い拳銃さばき、そして名匠ルネ・クレマン監督による70年の「雨の訪問者」で彼の名声は決定的なものとなった。50歳近くで大スターになるのは、映画史上めずらしい事であった。
 デビッド・マッカラムの前夫人ジル・アイアランドと再婚して、ジルの息子三人と、彼自身の先妻との子供二人の計五人の子持ちであり、その良き夫ぶりには定評がある。ロサンゼルス郊外のベル・エアーに部屋数35を有する自宅を持っていたが、仕事上フランスで暮らす事が多かった。「私はフランスが好きだ。生きる喜びと、他所ではみられない自由に満ちているからだ」と彼は語っていた。
 70年代に日本化粧品の「マンダム」のコマーシャルに出演したブロンソンは、かっこ良かった「ウーン、マンダム」というセリフも流行しました。ブロンソンは始めCM撮影には乗り気ではなく「化粧品のCMと聞いたが、私はご覧の通りの長髪とヒゲだ、化粧品のイメージとはほど遠いのではないか」と言ったそうだ。しかし日本のCM担当者は、今回のCMは常識に反逆した考え方で制作することと、野生と知性を兼ね備えた男を演じる、最も男臭い俳優はチャールズ・ブロンソンしかいないと思い、あなたを選んだのだと力説し「どんな役を演じても、いつもブロンソン流にやるその強烈な個性、ありのままのブロンソンが絶対に日本の青年たちに受けるのです」と言うと、初めて表情をくずし「あまりおだてるなよ」と言って帰っていった。その夕刻にCharles Bronsonとサインされた契約書が届いたそうです。監督は大林宣彦でCM撮影は日米合同のスタッフで進められたが、うまくいかず撮影はどんどん遅れていった。大切なアップショットを残して時間切れまであと30分しかなくなり、その状況をブロンソンに伝えると「私は約束の時間しか働かない主義だ」と言い、彼はプラチナのピケを一時間巻き戻して「まだ時間はあるじゃないか、さあやろう」と立ち上がったそうです。意気に感じたスタッフはその一時間を見事に生かして撮影は終了したそうです。アリゾナロケには、愛妻のジルと三人の息子たちが参加して、なごやかな雰囲気を作ってくれ、ロケ地モニュメントバレーは西部劇の名所で、雄大な風景をバックに白馬に乗ったブロンソンが登場するシーンは、やはり本物だけが持つ迫力でした。撮影の合間は子供たちを馬に乗せ、カメラでスナップ写真を撮ったりして、いい父親ぶりを見せていたそうです。
 そんなブロンソンも、2003年8月30日に、81歳で肺炎で亡くなってしまいました。

画像
★映画出演作品
〈1951〉
  (未公開)/YOU'RE IN THE NAVY NOW
〈1952〉
  白昼の脱獄/MY SIX CONVICTS
  赤い空/RED SKIES OF MONTANA
  (未公開)/PAT AND MIKE
  (未公開)/BLOODHOUNDS OF BROADWAY
〈1953〉
  肉の蝋人形/HOUSE OF WAX
  雨に濡れた欲情/MISS SADIE THOMP SON
  (未公開)/THE CITY IS DARK (CRIME WAVE)
〈1954〉
  勇者の汚名/RIDING SHOTGUN
  アパッチ/APACHE
  太鼓の響き/DRUM BEAT
  (未公開)/TENNESSEE CHAMP
  ヴァラクルス/VERA CRUZ
〈1955〉
  真昼の脱獄/BIG HOUSE, U.S.A.
  攻撃目標零/TARGET ZERO
〈1956〉
  去り行く男/JUBAL
〈1957〉
  赤い矢/RUN OF THE ARROW
〈1958〉
  (未公開)/GANG WAR
  (未公開)/WHEN HELL BROKE LOOSE
  決闘!! ブーツヒル/SHOWDOWN AT BOOT HILL
  機関銃ケリー/MACHINE GUN KELLY
〈1959〉
  戦雲/NEVER SO FEW
〈1961〉
  荒野の七人/THE MAGNIFICENT SEVEN
  空飛ぶ戦闘艦/THE MASTER OF THE WORLD
  独立騎兵隊/A THUNDER OF DRUMS
  (未公開)/X-15
〈1962〉
  恋のKOパンチ/KID GALAHAD
〈1963〉
  大脱走/THE GREAT ESCAPE
  テキサスの4人/FOUR FOR TEXAS
〈1965〉
  いそしぎ/THE SANDPIPER
  バルジ大作戦/BATTLE OF THE BULGE
〈1966〉
  雨のニューオーリンズ/THIS PROPERTY IS CONDEMNED
〈1967〉
  特攻大作戦/THE DIRTY DOZEN
〈1968〉
  戦うパンチョ・ビラ/VILLA RIDES
  さらば友よ/ADIEU L'AMI
  ウエスタン/ONCE UPON A TIME IN THE WEST
  サン・セバスチャンの攻防/GUNS FOR SAN SEBASTIAN
〈1969〉
  おませなツインキー/TWINKY
〈1970〉
  雨の訪問者/LE PASSAGER DE LA PLUIE
  アドベンチャー/YOU CANT WIN 'EM ALL
  狼の挽歌/VIOLENT CITY
  夜の訪問者/DE LA PART DES COPAINS
〈1971〉
  扉の影に誰かいる/QUELQU'UN DERRIERE LA PORTE
  レッド・サン/SOLEIL ROUGE
〈1972〉
  大砂塵の男/THE BULL OF THE WEST
  バラキ/THE VALACHI PAPERS
  メカニック/THE MECHANIC
〈1974〉
  狼よさらば/DEATH WISH
  ブレイクアウト/BREAKOUT
  マジェスティック/MR. MAJESTYK
〈1975〉
  ストリートファイター/HARD TIMES
〈1976〉
  軍用列車/BREAKHEART PASS
  セント・アイブス/ST. IVES
〈1977〉
  特攻サンダーボルト作戦/OPERATION THUNDERBOLT
  ホワイト・バッファロー/THE WHITE BUFFALO
〈1978〉
  テレフォン/TELEFON
〈1979〉
  太陽のエトランゼ/CABOBLANCO
〈1981〉
  デス・ハント/DEATH HUNT
〈1982〉
  ロサンゼルス/DEATH WISH II
〈1984〉
  地獄で眠れ/THE EVIL THAT MEN DO
〈1985〉
  スーパー・マグナム/DEATH WISH 3
〈1986〉
  トップレディを殺せ/ASSASSINATION
  必殺マグナム/MURPHY'S LAW
〈1988〉
  メッセンジャー・オブ・デス/MESSENGER OF DEATH
〈1989〉
  禁じ手/KINJITE
  バトルガンM-16/DEATH WISH 4: THE CRACKDOWN
〈1991〉
  インディアン・ランナー/THE INDIAN RUNNER
〈1993〉
  デスウイッシュ/キング・オブ・リベンジ
   /DEATH WISH V/ THE FACE OF DEATH
〈1996〉
  COP/BREACH OF FAITH: A FAMILY OF COPS II

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック