映画「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!」

ミスター・スポックのレナード・ニモイが初監督し主演した作品です。長年にわたる「スター・トレック」との係わり合いを最大限に生かした作品になっています。

〈ストーリー〉
ジェネシス星系での激しい戦闘で、エンタープライズ号は傷だらけでスペース・ドックに帰還した。この戦いで親友のスポック艦長を失い、ジェネシス星に埋葬してきたカーク提督の心は重く沈み切っていたのだった。
下艦の直前、封印したはずの故スポック艦長の部屋に生命反応が現れ、カークの耳に「なぜジェネシスに置き去りにしたのです。ジム、助けて下さい。セレヤ山に行けばまだ間に合います」と聞こえた。その声の主はドクター・マッコイだったが、同じバルカン人のサレックに精神融合をさせてみると、マッコイにスポックの精神移譲がなされていて、スポックを甦らせる可能性があることを知る。それでカーク提督はエンタープライズ号に乗って、スポックを探しにジェネシス星に向うのだった。

製作/1984年 
公開/1984年 アメリカ映画 105分

監督/レナード・ニモイ
創作/ジーン・ロッデンベリー
脚本/ハーブ・ベネット

出演/ウィリアム・シャトナー
    :ジェームズ・カーク提督
   レナード・ニモイ
    :USSエンタープライズ/スポック艦長
   ディフォレスト・ケリー
    :USSエンタープライズ/マッコイ医師
   ジェームズ・ドゥーアン
    :USSエクセルシオール/スコット機関長
   ウォルター・ケーニック
    :USSエンタープライズ/チェコフ中佐
   クリスチファー・ロイド
    :クルーグ・クリンゴン司令官
   マーク・レナード
    :スポックの父/バルカン人/サレック大使

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,000円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック