映画「ダ・ヴィンチ・コード」パンフ

独自の解釈と想像力で、世界中に衝撃を与えたダン・ブラウンのベストセラー小説の映画化です。トム・ハンクスの主人公ラングドンが「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」の名画に隠された暗号解読の謎を追うミステリー・サスペンスです。

画像
〈ストーリー〉
閉館後のルーヴル美術館で、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわった、ソニエール館長の死体が発見された。しかもそれは、瀕死の傷を負った身で、自ら作り上げたもので、死体の周りには不可解な暗号も残されていた。
ハーバード大学教授のラングドンは、フランス司法警察のファーシュ警部に呼び出され、捜査協力を求められるが、実は彼は第一容疑者でもあったのだ。それは、ソニエール館長と面会の約束をしていたうえに、暗号の中に名前が記されていたからだ。
ソニエール館長の孫娘で暗号解読官のソフィーが現場に現れる。ラングドン教授の無実を知っていた彼女はファーシュ警部をだまし、ラングドンを連れて逃走する。警察の厳しい追跡をかわしながら、暗号解読に挑む二人。ダ・ヴィンチが絵画に残した、歴史を揺るがす暗号とは何なのか? ソニエール館長が深く関わっていたらしい、秘密結社の目的とは? そして、彼から二人に託された、重大な真実とは何なのかを探るため、各地を転々とするのだ...。

原題/THE DA VINCI CODE
製作/2006年 
公開/2006年 アメリカ映画 150分

監督/ロン・ハワード
原作/ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』
脚色/アキヴァ・ゴールズマン

出演/トム・ハンクス
    :ロバート・ラングドン/
      ハーバード大学宗教象徴学教授
   オドレイ・トトゥ
    :ソフィー・ヌヴー(ルーヴル美術館長の孫娘)
                     暗号解読官
   ジャン・レノ
    :ベズ・ファーシュ/フランス司法警察・警部
   イアン・マッケラン
    :サー・リー・ティービング/
             イギリス人宗教史学者・博士
   アルフレッド・モリーナ
    :アリンガローサ/司教

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック