映画「ファイヤーフォックス」チラシ

ミッチェル・ガントはベトナム戦争で活躍した後、ソ連軍に対抗する優秀なパイロットを育成するために作られた、アメリカ空軍の秘密部隊「アパッチ中隊」で、ミグ25の飛行訓練を受けたエリートだが、今は予備役軍人として有事にそなえる毎日を過ごしていた。

そんな彼にある日、召集がかかった。ベトナム以来の古い友人であり上官でもあるバックホルツの指令は驚くべきものだった。
イギリス秘密諜報部(MI6)のケネディ・オーブリーが、信頼できる筋から入手した情報によると、ソ連が最新鋭の戦闘機「ミグ31」を完成させ、近々政府首脳を前にテスト飛行をするという。暗号名「ファイヤーフォックス」と名付けたこの戦闘機は、最高速度マッハ6、アンチ・レーダー・システムを持ち、思考誘導装置など電子工学の分野に驚くほど進歩的な性能を持つジェット機で、もしNATO側がこれに匹敵する戦闘機を開発しようとすると、最低でも10年以上もかかるということが分かったのだ。
この恐るべき遅れをとり戻すために、NATO連合国の代表が討論した結果、下した決断は「ファイヤーフォックスを盗め!」という結論にたっしたのだ。

原題/FIREFOX
製作/1982年
公開/1982年 アメリカ映画 125分

監督/クリント・イーストウッド
原作/クレイグ・トーマス 『ファイヤーフォックス』
脚本/アレックス・ラスカー
   ウェンデル・ウェルマン

出演/クリント・イーストウッド
    :元アメリカ空軍/ミチェル・ガント少佐
   フレディ・ジョーンズ
    :イギリス諜報部員/ケネス・オーブリー
   デビッド・ハフマン
    :アメリカ空軍/バックホルツ大佐
   ウォーレン・クラーク
    :NATO協力者/ペイベル・ウペン・スコイ
   ロナルド・レーシー
    :ソ連科学者/セメロフスキー
   ケネス・コリィ
    :KGB・M31保安責任者/コンタルスキー大佐

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,000円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック