映画「X-メン」パンフ

1963年9月、スタン・リー(ストーリー)とジャック・カービー(作画)の二大巨匠によって誕生し、それ以降「Xメン」は世界75カ国で翻訳販売されている作品の映画化です。

『ミュータントと人類』
社会から追放されたミュータントたち。彼らは「アトムの子ら」、ホモ・サピエンスから進化した次の種族、ホモ・スペリオール(超人類)だった。彼ら全員が遺伝子の突然変異により超人的パワーを持ち、その特殊能力ゆえに、社会から疎外されたのだ。やがて、プロフェッサーXによって組織されたミュータント・チーム、X-メンは善のために、生まれながらの特殊能力を役立たせる方法を身につけるが、命がけで守っている人類が、自分たちの存在を拒絶し、忌み嫌っているのに気付く。
社会のミュータントに対する偏見と耐え難い処遇と戦いながら、X-メンは人類とミュータントとが平和共存する世界の実現を最終目的にしていた。
しかし、ミュータントの中にも平和共存を拒否する悪のミュータントもいたのだ。それで「X-メン」対悪のミュータント組織「ブラザー・フッド」との人類の存亡を賭けた壮絶な超能力バトルが始まるのだった。


画像
〈ストーリー〉
ミュータントを憎悪と偏見が蔓延する世界では、彼らは化学の変種、自然の奇形種とみなされ、普通の人間たちから恐れられ忌み嫌われるアウトサイダーにならざるを得なかった。
ケリー上院議員が開いた公聴会で、自らもミュータントであるジーン・グレイはミュータントの発生の起源などについて、冷静に説明しDNAの突然変異が起きたミュータントたちは、脅威をもたらす存在ではなく、人類全体のさらなる躍進をもたらす存在であると彼女は力説する。
この様子を傍聴席で聞いている車椅子の初老がいた。彼こそ、ジーンの師であり最強のテレパシー能力を持つチャールズ・エグゼビア教授だった。彼は特殊な能力を持つミュータントたちを集め、人類に役立たせようと「Xメン」を創設した。
しかし、かつての仲間だったマグニートーことエリック・レーンジャーは人類とミュータントは共存出来ないと言い、エグゼビアに対し、ミュータントこそが地球の新たなる支配者となるべきだと言うのだ。そして彼はテロ組織「ブラザーフッド」を創り、エグゼビアの創った「Xメン」と対決することになるのだった。

原題/X-MEN
製作/2000年 
公開/2000年 アメリカ映画 104分

監督/ブライアン・シンガー
原作/トム・デサント
   ブライアン・シンガー
脚本/デイビッド・ハイター

出演/ヒュー・ジャックマン
    :ミュータント/ローガン「ウルヴァリン」
   パトリック・スチュワート
    :ミュータント/Xメン創設者
     /チャールズ・エグゼビア教授
              「プロフェッサーX」
   イアン・マッケラン
    :ミュータント/テロ組織「ブラザーフッド」
                     リーダー
     /エリック・レーンジャー「マグニートー」
   ジェームズ・マーズデン
    :ミュータント/Xメン・リーダー
     /スコット・サマーズ「サイクロップス」
   ファムケ・ヤンセン
    :教授助手/ミュータント/Xメン・メンバー
     /ジーン・グレイ
   ハル・ベリー
    :ミュータント/Xメン・メンバー
     /オロロ・マンロー「ストーム」
   アンナ・パキン
    :少女/ミュータント/「ローグ」
   タイラー・メイン
    :ミュータント/テロ組織「ブラザーフッド」
                     メンバー
     /ビクター・クリード「セイバートゥース」
   レイ・パーク
    :ミュータント/テロ組織「ブラザーフッド」
                     メンバー
     /モルティマ・トインビー
             「トード(ヒキガエル)」
   レベッカ・ローミン=ステイモス
    :ミュータント/テロ組織「ブラザーフッド」
                     メンバー
     /レイベン・ダークホルム「ミスティーク」
   ブルース・デイビソン
    :人間/国会上院議員/ロバート・ケリー

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック