映画「イルマーレ」チラシ1

キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの「スピード」以来12年ぶりの共演!
これまでにない役どころで再び顔を合わせるふたりが描き出す、世界でたったひとつの恋。彼女をずっと想い続け、彼女がつらいときは支えてやり、愛することを最後まで諦めない一途な男を演じるキアヌが、サンドラのみならず、すべての女性の心を、ありったけの愛で抱きしめる。

オリジナルはチョン・ジヒョンが主演した韓国映画「イルマーレ」。そのロマンチックな設定をもとに、ハリウッドが工夫とリアルさを加味することで、大人のラブ・ストーリーとして生まれ変わった作品です。

「新しい住人さん、新居へようこそ。前の住人からひと言、ここでの生活を楽しんでね。追伸:入り口の犬の足跡は前からありました。」by Kate

「手紙を読みましたが、何か誤解があるようです。この湖の家は長いこと空き家でした。ここは何年も人が住んでいません。犬の足跡のことは不思議です。」by Alex

〈ストーリー〉
始まりは、2006年にお気に入りの「湖の家」から引っ越すことになったケイトが、次の住人にあてて書いた一通の手紙だった。その手紙は、2004年に「湖の家」で暮らすアレックスの元へ届いたのだ。
2006年を生きる彼女と、2004年を生きる彼。手紙は時を超えて、二人の気持ちを運ぶ。けれど、二人が会うことは決してない。二年の時を隔てて、同じ本を読み、同じ景色を見て、同じ街を歩く。そして同じ気持ちを感じる。まだ出会ってさえいなくても、人生で一番大切な、かけがえのない恋はもう始まっていたのだ。
「どうしても、あなたに会いたい」「場所を決めて必ず会いに行く。明日でどうだ?」
ケイトの時間で「明日」会うことを決意するふたり。なかなか予約がとれないシカゴいちの人気レストラン「イルマーレ」で会うことを約束するのだが...。
公式サイト、http://www.il-mare.jp

原題/THE LAKE HOUSE
製作/2006年 
公開/2006年9月23日 アメリカ映画 

監督/アレハンドロ・アグレスティ
脚本/デイビッド・オーバーン

出演/キアヌ・リーブス:建築家/アレックス・ワイラー
   サンドラ・ブロック:女医/ケイト・フォスター

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,000円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック