映画「9デイズ」パンフ

ソ連崩壊後、84個のポータブル核爆弾が消失した。2002年現在、その所在は依然として不明である。その核爆弾は、瞬時にしてあらゆる生命を奪い去る。だが、恐ろしいことにそれは一見、小型のスーツケースにしか見えないのだ...。
CIAの諜報部員オークスとケヴィンはプラハで潜入捜査の取り引きで、ロシア人マフィアからポータブル核爆弾を入手しようとしていた。しかし、その核爆弾を狙うテロリストにケヴィンが殺されてしまう。オークスは作戦を続行するために、ケヴィンの双子の弟ジェイクに身代わりを頼むのが...。

画像
画像
〈ストーリー〉
チェコのプラハでポータブル核爆弾の取り引きが行われていた。ロシア人マフィアのアドリク・ヴァスは、古美術商のマイケル・ターナーを仲買人にして、この核爆弾のバイヤーを見付けた。しかし、これは全てCIAが2年もかけて仕掛けたおとり捜査だったのだ。マイケル・ターナーの正体はCIAの諜報部員ケヴィン・ポープで、バイヤーはCIA諜報部員ゲイドー・オークスだった。交渉はスムーズに運び、取引きは10日後に決定したが、核爆弾を横取りしようとするテロリストにポープが殺されてしまうのだ。
アメリカ・ヴァージニア州ラングレー近郊にあるCIA本部に帰国した、オークスたちは作戦を変更することになる。取引きまで後9日間しかないが、何とかしてロシア人マフィアから核爆弾を手に入れるため、ケヴィン・ポープの双子の弟ジェイク・ヘイスをターナーに仕立て上げ、取引き続行を計画する。しかし、ジェイクは便利屋のチンピラだったのだ。

原題/NINE DAYS
製作/2002年 
公開/2002年10月12日 アメリカ映画 117分

監督/ジョエル・シュマッカー
物語/ゲリー・グッドマン
   デヴィッド・ヒメルスタイン
脚本/ジェイソン・リッチマン
   マイケル・ブラウニング

出演/アンソニー・ホプキンス
    :ゲイロード・オークス/
         アメリカ中央情報局(CIA)諜報部員
   クリス・ロック
       :ジェイク・ヘイズ(ケヴィンの双子の弟)
   (二役):ケヴィン・ポープ
        「古美術商:マイケル・ターナー」/
         アメリカ中央情報局(CIA)諜報部員
   ピーター・ストーメア
    :アドリク・ヴァス/ロシア人マフィア
   ガルセル・ビュヴァイス=ナイロン
    :ニコール(ケヴィンの恋人)
   ガブリエル・マクト
    :シール/アメリカ中央情報局(CIA)諜報部員
   ケリー・ワシントン
    :ジュリー(ジェイクの恋人)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック