映画「プラダを着た悪魔」チラシ

20代の新人女性作家ローレン・ワイズバーガーの実体験が元になったと思われる原作は、同世代の女性たちの評判を呼び、世界27カ国で翻訳されたベストセラー作で、その映画化です。
メリル・ストリープが、悪魔の様なカリスマ・ファッション雑誌編集長を熱演しています。

画像
画像
〈ストーリー〉
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてニューヨークにやってきたアンドレア(アンディ)は、世界中の女性の憧れの仕事を手にする。それは一流ファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントだった。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだったのだ。
ミランダの要求は、悪魔の様なハイレベルのものだった。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上「センス、ゼロ!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされるのだ。
キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃくちゃになり、恋人ともなかなか都合が付かなくなり、友達にも愛想をつかされるのだった。
公式サイト、http://www.prada-akuma.jp

原題/THE DEVIL WEARS PRADA
製作/2006年
公開/2006年11月18日 アメリカ映画 110分

監督/デヴィッド・フランケル
原作/ローレン・ワイズバーガー『プラダを着た悪魔』
脚本/アライン・ブロッシュ・マッケンナ

出演/メリル・ストリープ
    :ミランダ・プリーストリー/
             ファッション雑誌編集長
   アン・ハサウェイ
    :アンドレア・サックス「アンディ」
       (ミランダのジュニア・アシスタント)
   スタンリー・トゥッチ
    :ナイジェル/ファッション・ディレクター
   サイモン・ベイカー
    :クリスチャン・トンプソン/エッセイスト
   エミリー・ブラント
    :エミリー(ミランダのシニア・アシスタント)
   エイドリアン・グレニアー
    :ネイト(アンドレアの恋人 )

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダを着た悪魔

    Excerpt: プラダを着た悪魔。いまさらDVD買っちゃいました。映画館では見たんですけどね。アンディかわいすぎなんでもっかい観たいぞと。ところでmiumiuのサングラス。今狙ってるのあるんですけど。どーしようかな。.. Weblog: miumiu(ミュウミュウ)マニア racked: 2007-07-14 05:57