映画「ダーティハリー2」チラシ

今回ハリーが敵にまわすのは、同僚であるカリフォルニア・ハイウェイパトロール(COPD)の白バイ警官たち。
暗黒街の大物たちが次々と逮捕されるが、証拠不充分を理由に釈放されてしまう。そんな状況に義憤をおさえがたく、無力な法律に代わって自分たちの力で拳銃の制裁を加えようとする過激な警官に、ダーティハリーは一人でたちむかうのだった。

〈ストーリー〉
サンフランシスコ市の労働組合組織を一手に牛耳るカルミネ・リッカが、証拠不充分で殺人容疑を勝訴し、裁判所から人々の怒号の中を悠然と歩いていた。その直後に完全武装した謎の警官が現れ、白昼堂々とリッカを射殺したのだ。
それからも、悪の組織のボス達が次々と銃で暗殺されていった。ハリーは身内の白バイ警官が、悪を裁く正義の仕置人グループとして行っているのではないかと思うのだ。
ある夜、射撃の練習に出かけたハリーは、4人の新米白バイ警官たちにあった。その中のベン・デービスはずば抜けて射撃の腕はよく、正義感と闘志にあふれていた。ハリーは若者達4人に好感を抱くと同時に、直感的な疑惑も抱くのだった。

原題/DARTY HARRY in MAGNUMU FORCE
製作/1973年
公開/1974年 アメリカ映画 127分

監督/テッド・ポスト
原案/ハリー・ジュリアン・フィンク
   R・M・フィンク
原作/ジョン・ミリアス
脚本/ジョン・ミリアス
   マイケル・チミノ

出演/クリント・イーストウッド
    :サンフランシスコ市警察殺人課
            /ハリー・キャラハン刑事
   デビッド・ソウル
    :白バイ警官/ベン・デービス
   ハル・ホルブルック
    :殺人課課長/ニール・ブリックス警部
   フェルトン・ペリー
    :ハリーの相棒/殺人課/アート・スミス刑事
   ミッチェル・ライアン
    :ハリーの友人/警官/チャーリー・マッコイ
   ロバート・ユーリック
    :白バイ警官/ジョン・グライムス
   ティム・マセソン
    :白バイ警官/フィル・スイート
   キップ・ニーベン
    :白バイ警官/レッド・アストラカン

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,000円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック