映画「許されざる者」パンフ

この「許されざる者」は、62歳のクリント・イーストウッド36作目の出演にして16作目の監督作、そして10作目の西部劇である。この作品は彼の映画人としてのキャリアと、全生涯の思い出を織り込んだ入魂の作品でもあるのだ。
1880年代、ビッグ・ウィスキーの街で、カウボーイに懸けられた1,000ドルの懸賞金を求めて国中から賞金稼ぎがやってくる。イーストウッドのウィリアム・マニーもその一人だった。

画像
〈ストーリー〉
1880年、ワイオミング。列車強盗や殺人で、悪名を世間に轟かせたウィリアム・マニーだったが、今では過去から身を隠すようにして、二人の子供と一緒に人里離れた地で家畜農場を営みながら暮らしていた。しかし、家畜は痩せ細り耕作も順調でない上、三年前に妻にも先立たれ二児を育てなければならないという現状は、年老いた彼にとって厳しいものだった。
そんなある日、スコフィールド・キッドという若いガンマンが訪ねて来た。町で二人のカウボーイがディライラ・フィッツジェラルドというという娼婦にナイフで切りかかり重傷を負わせたため、激怒した娼館のアリスが、二人のカウボーイに1,000ドルの賞金を懸けたというのだ。それで一緒に賞金を稼ごうと誘いにきたのだ。
マニーは最初は断ったが、苦しい生活の中、11年ぶりに銃を手にすることを決意する。だが、年老いた彼は体の自由がなかなかきかず、馬に乗ることさえままにならなかった。妻の墓に花を捧げ、二人の子供を残して旅立ったマニーが最初に立ち寄ったのは、かつての相棒ネッド・ローガンの所だった。事情を話し、子供たちの面倒を頼むが、ローガンも一緒に行くと言うのだった。

原題/UNFORGIVEN
製作/1992年
公開/1993年 アメリカ映画 131分

監督/クリント・イーストウッド
脚本/デヴィッド・ウェッブ・ピープルス

出演/クリント・イーストウッド
    :ウィリアム・マニー/元賞金稼ぎ
   ジーン・ハックマン(アカデミー助演男優賞)
    :リトル・ビル・ダゲット/保安官
   モーガン・フリーマン
    :ネッド・ローガン/農場主
   リチャード・ハリス
    :イングリッシュ・ボブ/賞金稼ぎ
   ジェームズ・ウールヴェット
    :「ザ・スコフィールド・キッド」/賞金稼ぎ
   サウル・ルビネック
    :W・W・ボーチャンプ/作家
   フランセス・フィッシャー
    :ストロベリー・アリス/売春宿リーダー
   アント・トムソン
    :ディライラ・フィッツジェラルド/娼婦

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック