映画「ラスト・サムライ」パンフ

かつて日本に「サムライ」と呼ばれた男たちがいた。その魂は、桜花の如く咲き誇り、散っていった。花は散るために咲くのではない。己の天命を知り、そのかけがえのない命を、一分の迷いもなくまっとうするからこそ美しく咲くのだ。
舞台は明治維新の日本国。トム・クルーズ演じるオールグレン大尉は、近代化を目指す政府軍の指南役として日本に招かれ、そこで誇り高き最後の「サムライ」と出逢うのだった。

画像
〈ストーリー〉
明治天皇が即位し、近代日本が誕生した1870年代。政府軍に西洋式の戦術を教えるために、南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉が来日する。かつて名誉と国のために命を懸けたオールグレンは、近代化に伴い本国では「過去の遺物」となり、魂を失ったような生活を送っていた。
また日本の地でも一人、自分の生き方「武士道」が崩壊しかけていると感じていた「サムライ」がいた。その名は勝元盛次。その「サムライ」も明治政府が押し進める近代化の波に飲み込まれようとしていたのだ。
オールグレンは勝元の「サムライ魂」に、自分の「生き方」をダブらせて感じた。そして共に命を懸けて戦うことを決意するのだった。

原題/THE LAST SAMURAI
製作/2003年
公開/2003年 アメリカ映画 154分

監督/エドワード・ズウィック
原案・脚本/ジョン・ローガン
脚本/マーシャル・ハースコビッツ
   エドワード・ズウィック

出演/トム・クルーズ
    :ネイサン・オールグレン/アメリカ陸軍大尉
   渡 辺   謙
    :勝元信盛/サムライ頭首
   真 田 広 之
    :氏尾/サムライ
   小     雪
    :たか(信盛の妹)
   ティモシー・スポール
    :サイモン・グレアム/日本研究家・カメラマン
   ビリー・コノリー
    :ゼブロン・ガント/アメリカ陸軍軍曹
   トニー・ゴールドウィン
    :バグリー/アメリカ陸軍大佐
   中 村 七之助
    :睦仁〈むつひと〉/明治天皇
   原 田 眞 人
    :大村(天皇の参謀)
   福 本 清 三
    :ネイサンの目付・寡黙なサムライ
   小山田 シ ン
    :勝元信忠(信盛の息子)
   菅 田   俊
    :中尾/サムライ

映画チラシ・新作パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック