映画「コップランド」パンフ

舞台は犯罪都市ニューヨーク。マンハッタンをハドソン河から臨む静かな街「ギャリソン」は、ニューヨーク市警察に勤務する警官たちが多く住むため「コップランド」と呼ばれ、たった一人の警官を頂点として、一つの巨大なファミリーを形成していた。

画像
〈ストーリー〉
「ギャリソン」はニューヨーク市警察に勤務する警官たちが多く住むことで知られている。警官たちはそこを「コップランド」と呼んでいて、その頂点にはベテラン警官のレイ・ドンランが君臨していたのだ。
ある日、コップランドとマンハッタンを結ぶジョージ・ワシントン・ブリッジの上で、レイの甥でやはり警官のバビッチが、深夜に車で暴走する黒人少年を銃で撃ち殺してしまった。バビッチは無罪を主張したが、誤射であることは明白だった。現場にレイが駆けつけたとき、この事件の重大さに気付いたバビッチは、河に飛び込んで自殺してしまう。レイが驚いたのも束の間、コップランドの部下に命じて被害者の車の中に銃を忍ばせる、事故の隠ぺい工作にかかっていたのだ。それは、数ヶ月前に起こった火事で、三人の子供を救ったバビッチはマスコミでも報じられ、市警察のヒーローになっていたからだった。
レイは持てる人脈の全てを使い、市警察の全体を裏側から掌握し、事件のもみ消しにかかろうとしていた。それは市警察とコップランドの名誉を守るためだった。
ギャリソンの保安官フレディ・ヘフリンもまた、少年の頃に河で溺れた少女を救い、かつては地元でその存在を広く知られていたが、その時に右耳の聴力を失ったため警官にはなれず、保安官として職を全うしていたのだ。かつて相棒を亡くして以来、コップランドから離れた警官フィッギスはフレディに、コップ

原題/COP LAND
製作/1997年
公開/1998年 アメリカ映画 105分

監督/ジェームズ・マンゴールド
脚本/ジェームズ・マンゴールド

出演/シルベスター・スタローン
    :ギャリソン保安官/フレディ・ヘフリン
   ロバート・デ・ニーロ
    :インターナル・アフェア
              /モー・ティルデン調査官
   ハーヴェイ・カイテル
    :NY市警察/レイ・ドンラン警官
   レイ・リオッタ
    :NY市警察/ゲイリー・フィッギス警官
   アナベラ・シオラ
    :フレディが思いを寄せる人妻/リズ・ランドン
   ピーター・バーグ
    :リズの夫/ジョーイ・ランドン
   マイケル・ラパポート
    :レイの甥/NY市警察/マレー・バビッチ警官

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック