映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」パンフ

もっとも愛するものに、永遠の命を与えることのできる種族・ヴァンパイア。選んだ男トム・クルーズ。選ばれた男ブラッド・ピット。すべての欲望は解き放たれ、愛の罪を裁く者はいない。世紀末の夜を旅する、時の果てまで孤独な男たち。
「もし本当のことを知る勇気があるなら、聞かせてあげよう...」
サンフランシスコの街を見下ろす一室で、1人の美しい青年が、インタビューに答えて語り始めるのだ...。

画像
画像
〈ストーリー〉
現代のサンフランシスコの殺風景な部屋の中で、1人のインタビュアーが録音スイッチを押した。
彼の質問に答えて語り始めたのは、漆黒の髪を持つ美しい青年ルイ。面白そうな人間にインタビューして、マスコミに売り込む仕事をしていたインタビュアーに街で声をかけられ、その半生を話すことになったのだ。
「私がヴァンパイアになったのは、25歳の時だった...」半信半疑のインタビュアーに向って、200年の時を生きてきた美しいヴァンパイア、ルイが語り始めたのは、永遠の命を得た者たちの驚くべき物語だった。

18世紀のニューオーリンズ、フランスからの移民が多く住むこの地で、裕福な地主として暮らしていたルイは、最愛の妻と娘を失い、絶望の淵に沈んでいた。そんな彼に近づいてきたのが、氷のような冷たい美貌を持つヴァンパイア、レスタトだった。人間の命を奪うことを何とも思わず、情愛に心を動かされることのないレスタトだったが、最も人間らしい繊細な魂を抱えたルイに、なぜか強く魅かれるのだ。そして、永遠の命を共に生きる相手として彼を選ぶのだ...。

原題/INTERVIEW WITH THE VAMPIRE
製作/1994年
公開/1994年12月10日 アメリカ映画 122分

監督/ニール・ジョーダン
原作・脚本/アン・ライス
      『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

出演/トム・クルーズ
    :レスタト/ヴァンパイア
   ブラット・ピット
    :ルイ/裕福な地主
   アントニオ・バンデラス
    :アーマンド/ヴァンパイアの首領
   スティーヴン・レイ
    :サンティアゴ/ヴァンパイア
   クリスチャン・スレーター
    :マロイ/インタビュアー
   キルスティン・ダンスト
    :クローディア/美しい少女

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック