映画「乱歩地獄」チラシ

江戸川乱歩の没後40年に作られた四本の作品です。
1923年「二銭銅貨」でデビュー以来、「人間椅子」「黒蜥蜴」「怪人二十面相」など傑作を連発し、日本の探偵・推理小説の草分けを築いた大作家です。その綿密で美しく、倒錯的な心理描写とエロチシズム充満した色彩やかな映像感覚は、これまでにいろいろな監督が映像化してきました。

画像
画像
〈ストーリー〉
第一作「火星の運河」誰もいない荒野に全裸で立つ男。その圧倒的なビジュアルで始まる。

第二作「鏡地獄」鏡の魔性に魅入られた美声年の愛と狂気を、乱反射する魔術的映像美で描く作品。

第三作「芋虫」視覚以外の五感と手足を失った夫と、介護する妻の歪んだディープな愛のかたちを、天井裏から覗く男の物語。

第四作「蟲」憧れの女優を手に入れようとする男の一方的な恋をポップに描きだす。

製作/2005年
公開/2005年 日本映画 134分 

監督/竹 内 スグル 「火星の運河」
   実相寺 昭 雄 「鏡地獄」
   佐 藤 寿 保 「芋虫」
   カネコ アツシ 「蟲」
原作/江戸川 乱 歩 
    『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』
脚本/竹 内 スグル 「火星の運河」
   薩 川 昭 夫 「鏡地獄」
   夢 野 史 郎 「芋虫」
   カネコ アツシ 「蟲」

出演/浅 野 忠 信
   成 宮 寛 貴
   松 田 龍 平

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフレット・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「乱歩地獄」86点。

    Excerpt: 乱歩地獄 デラックス版  官能と死と愛が見事に融合する。 Weblog: mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ racked: 2007-01-17 01:35