映画「ウォーターボーイズ」パンフ

「男性がシンクロに挑戦するストーリー」と最初に耳にした時、「また、いつものおチャラケ・シンクロかな」と思ったが、随所に見られる水中シーンには、やはり惹き付けられました。シンクロの専門家が携わっただけあり、技術的にも裏付けされたラストの群舞は見応えがありました。是非、私のシンクロ生徒たちにも挑戦させてみよう。そして、男子にも門戸を開いてみようかなと思いました。
  1988年、ソウルオリンピック
  ソロ及びデュエット、銅メダリスト
              小 谷 実可子


「男性のシンクロナイズドスイミング」というユニークな題材をもとに、高校三年の男子生徒たちの、切なくておかしい夏休みを描いた青春ストーリーです。
この映画のモデルになったのは、埼玉県立川越高校水泳部の文化祭限定の人気項目で、2001年現在で14年目を迎えたシンクロパフォーマンスです。

画像
〈ストーリー〉
廃部寸前の唯野男子高校水泳部は、三年生の鈴木ただ一人しかいなかった。そんな水泳部の顧問に新人女性教師、佐久間先生が就任したことから、部員は一挙に28人になってしまう。
しかし、佐久間先生が本当に教えたかったのは、競泳ではなくシンクロナイズドスイミングだったのだ。佐久間先生の熱い想いを知ったとたんに、生徒たちは恐れをなして退部していったが、鈴木を含むヘナチョコ五人組みだけが言いくるめられてシンクロをすることになる。しかも佐久間先生は勝手に文化祭でのシンクロ発表会を申請してしまったのだった。

製作/2001年 
公開/2001年 日本映画 91分

監督・脚本/矢 口 史 靖

出演/妻夫木   聡:ウォーターボーイ/高校生/鈴木 智
   玉 木   宏:ウォーターボーイ/高校生/佐藤勝正
   金 子 貴 俊:ウォーターボーイ/高校生/早乙女聖
   平 山   綾:女子高生/静子
   眞 鍋 かをり:高校新人女性教師/佐久間
   竹 中 直 人:イルカ調教師/磯村
   杉 本 哲 太:高校体育教師/杉田
   谷     啓:唯野男子高等学校・校長
   柄 本   明:シンクロ応援団/オカマバー・ママ

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック