映画「硫黄島からの手紙」パンフ

1945年2月19日、アメリカ軍の上陸とともに始った硫黄島をめぐる攻防は、アメリカ軍の圧倒的な戦力からすると、5日もあれば終わるとされていた。しかし、その硫黄島戦を36日間にも及ぶ長期戦へと変貌させ、戦史に残る戦いへと変えた男たちがいた。
指揮官の名は栗林忠道。圧倒的な戦力の差を、知略をもって迎え撃ち、太平洋戦争においてアメリカを最も苦しめた指揮官として、今もかの地で畏敬の念をもって語り継がれる日本の陸軍中将。そして、その栗林のもと、一日でも長く祖国日本を守り抜こうと、死よりも辛い「出血持久戦」を戦い抜いた男たち。彼らこそ、クリント・イーストウッドがどうしても描かなければならないと思った、日本の男たちだ。「私は、日本だけではなく世界中の人々に彼らがどんな人間であったかをぜひ知ってほしかったのです」と言っています。

画像
〈ストーリー〉
2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。届くこともなかった手紙に、彼らは何を託したのか。
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、一人の指揮官・陸軍中将、栗林忠道が硫黄島に降り立った。アメリカ留学の経験を持ち、それゆえにアメリカとの戦いの厳しさを誰よりも知り尽くした男。本土防衛の最後の砦とも言うべき硫黄島の命運は、この男に託されたのだ。
着任早々、長年の場当たり的な作戦を変更し、部下に対する理不尽な体罰をも威さめた栗林に、兵士たちは驚きの目を向ける。今までのどの指揮官とも違う栗林との出会いは、硫黄島での日々に絶望を感じていた西郷に、新たな希望を抱かせる。従来の常識にとらわれない栗林のやり方は、古参の将校たちの反発も呼んだが、一方で頼もしい理解者もいた。そのひとりが、ロサンゼルス・オリンピック馬術競技の金メダリスト「バロン西」こと西竹一中佐だった。硫黄の臭気が立ち込める灼熱の島、食べ物も飲み水も満足にない過酷な状況で、栗林の指揮のもと、掘り進められる地下要塞。島中に張り巡らせたこのトンネルこそ、米軍を迎え撃つ栗林の秘策だったのだ。

原題/LETTERS FROM IWO JIMA
製作/2006年
公開/2006年 アメリカ映画 109分

監督/クリント・イーストウッド
製作/クリント・イーストウッド
   スティーブン・スピルバーグ
   ロバート・ローレンツ
原案/アイリス・ヤマシタ
   ポール・ハギス
脚本/アイリス・ヤマシタ『「玉砕総指揮感」の絵手紙』

出演/渡 辺   謙
    :栗林忠道/日本陸軍中将
   二 宮 和 也
    :西郷/元パン屋主人・日本陸軍兵士
   伊 原 剛 志
    :西 竹一「バロン西」/
      馬術競技金メダリスト・日本陸軍中佐
   中 村 獅 童
    :伊藤/日本陸軍中尉
   加 瀬   亮
    :清水/元憲兵隊士官・日本陸軍兵士
   裕 木 奈 江
    :西郷花子(西郷の妻)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック