映画「ミッドナイト イーグル」チラシ

日本の北アルプス山中に、米空軍ステルス爆撃機「通称・ミッドナイトイーグル」が極秘飛行中に消息を絶った。テロリストの仕業か?
日本を死滅させる特殊兵器。タイムリミットは2時間。邦画史上最大スケールの山岳サスペンス・アクションが誕生した。
映像化不可能とされた原作は、高嶋哲夫の同名小説でついに完全映画化が実現したのだ。

『ミッドナイトイーグルとは?』
ステルス型戦略爆撃機B-5。その機体は、電波を吸収する特殊な塗装や反射波をそらす形状などによって、レーダーに探知されにくい特性を備えているアメリカ空軍の極秘戦闘機。夜の闇にまぎれて密かに侵入し、戦略地点となる都市や建物を爆撃することから「ミッドナイトイーグル(夜の鷲)」の異名を持つ。ちなみに、電波を吸収する特殊な塗料を開発したのは日本なのです。

〈ストーリー〉
かつて世界中の戦場を駆け巡り、生死の現実を撮り続けたカメラマン・西崎優二は、戦火の中で彼を襲ったある出来事で、戦場カメラマンをやめることにする。深く傷ついた西崎は帰国し、その彼を支えたのは妻・志津子だった。だが彼女もまた、病のためにこの世を去るのだ。
西崎は雪山に一人こもり、星空にシャッターを切るだけの日々を送っていた。ある夜、空に向けたそのカメラの先に、轟音と共に駆け抜けていく赤い光があった。反射的にシャッターを切る西崎。光はそのまま稜線の向こうへと消えていったのだ。
内閣総理大臣のもとに、極秘情報が飛び込んできた。「米軍のステルス爆撃機、通称・ミッドナイトイーグルが、北アルプス山中に墜落!」総理は国家安全保障会議を緊急召集し、機体の回収のための自衛隊による特別編成部隊を現地に向かわせたのだった。
公式サイト、http://www.midnighteagle.jp

英題/MIDNIGHT EAGLE
製作/2007年
公開/2007年11月23日 日本・アメリカ映画 

監督/成 島   出
原作/高 嶋 哲 夫 『ミッドナイト イーグル』
脚本/長谷川 康 夫
   飯 田 健三郎

出演/大 沢 たかお
    :元戦場カメラマン/西崎優二
   竹 内 結 子
    :優二の妻・志津子の妹/
     写真週刊誌「WISE」女性記者/有沢慶子
   玉 木   宏
    :新聞社「東洋新聞」記者/落合信一郎
   吉 田 栄 作
    :陸上自衛隊三等陸佐(第一次特別編成部隊)
                    /佐伯昭彦
   袴 田 吉 彦
    :内閣危機管理監/冬本利光
   大 森 南 朋
    :陸上自衛隊三等陸佐(第二次特別編成部隊)
                    /斎藤健介
   石 黒   賢
    :写真週刊誌「WISE」編集長/宮田忠夫
   藤   竜 也
    :内閣総理大臣/渡良瀬隆文

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシは20円からです。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック