映画「マリと子犬の物語」チラシ

2004年10月23日、午後5時56分。新潟県中越地方を震源として、マグニチュード6.8の地震が起こった。この「新潟県中越地震」により、闘牛や錦鯉の産地で有名な山古志村(現在・長岡市)も非常に大きな被害を受けたのだ。その山古志村で奇跡のエピソードがありました。地震当日、3匹の子犬を出産した母犬の「マリ」。人々が全て避難した後、荒廃した自然の中たった1匹で我が子を守り、16日後に3匹の子犬とともに無事に戻ってきたマリの姿は感動を呼んだ。その事は地元の被災者を勇気づけ、中越地震復興の大きな励ましとなったのです。

〈ストーリー〉
新潟県山古志村は、自然に恵まれた美しい村。そこで暮らす石川家は、村役場に勤める優一、息子の亮太と妹の彩、そして祖父の優造の4人家族。亮太と彩は早くに母を亡くし、時々母の妹・冴子が二人の面倒を見に来ていた。そんな石川家にある日、生まれたばかりのメスの子犬がやってきた。亮太と彩はその子犬に「マリ」と名付けたのだ。
2004年、マリは成長し3匹の子犬を産む。新しい家族の誕生に石川家は大喜びだった。そして10月23日、午後5時56分、新潟県中越地震発生した。一瞬にして山は崩れ、家々は倒壊した。家にいた彩と祖父の優造はくずれた家屋の下敷きになり、大ケガを負う。仕事のため山古志を離れていた父・優一と、小学校に行っていた亮太は難は逃れるが、大きな余震が続き、それぞれが避難所で救助を待つしかなかった。
どれくらいの時間がたったのだろう。彩を抱いた優造は、人生の最後を覚悟した。しかし、薄れゆく意識の中でマリの声がした。マリはがれきの中へもぐり込み、傷だらけの二人の顔を元気づけるように舐めたのだった。
公式サイト、http://mari-movie.jp

英題/A TALE OF MARI AND THREE PUPPIES
製作/2007年
公開/2007年12月8日 日本映画 

監督/猪 股 隆 一
原作/桑 原 眞 二
   大 野 一 興 『山古志村のマリと三匹の子犬』
脚本/山 田 耕 大
   清 本 由 紀
   高 橋 亜 子

出演/船 越 英一郎:村役場職員/石川優一
   松 本 明 子:石川優一の妻の妹/長谷川冴子
   宇津井   健:亮太と彩の祖父/石川優造
   高 嶋 政 伸:陸上自衛隊二曹/安田啓一
   広 田 亮 平:石川優一の息子/石川亮太
   佐々木 麻 緒:石川優一の娘/石川 彩
   小 林 麻 央:小学校教諭/関根博美
   小 野 武 彦:山古志村村長/児島忠志

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシは20円からです。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック