TV「スマステ!!大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」第11位

353P 映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』

全国2,000人(20代~60代)に、
泣ける洋画ベスト3を調査
 1位=5P(ポイント)
 2位=3P(ポイント)
 3位=1P(ポイント)

原作は86年にアメリカの作家ウィンストン・グルームが書いた同名小説で、プロデューサーのウェンディ・ファイナーマンとスティーブ・ティッシュ、スティーブ・スターキーなどがこの原作に惚れ込んで製作されました。
主人公のフォレスト・ガンプはトム・ハンクスで、その母親役にはサリー・フィールドが演じています。

〈ストーリー〉
「人生はチョコレートの箱のようなもの、食べるまでは中身はわからない」幼い日のフィレスト・ガンプに、母はいつもそう語って聞かせた。アラバマ州グリンボウの屋敷で、女手ひとつで一人息子を育てていた母は、その子の背骨が曲がっている事が分かった時も、IQが人並みよりも劣っていることを告げられた時も、少しも動じなかった。そして常にフィレストを普通の子供として育て、愛と人生を教え続けたのだ。
小学校に入ったフィレストは、頭が弱く脚にギブスをはめていたので、みんなからバカにされた。しかしいつも遊んでくれる、やさしいジェニーが励ましてくれるのだった。

原題/FORREST GUMP
製作/1994年
公開/1995年 アメリカ映画 142分

監督/ロバート・ゼメキス
原作/ウィンストン・グルーム
        『フォレスト・ガンプ』
脚色/エリック・ロス

出演/トム・ハンクス
    :フォレスト・ガンプ
   サリー・フィールド
    :フォレストの母/ガンプ夫人
   ロビン・ライト
    :フォレストの恋人/ジェニー・カラン
   ゲイリー・シニーズ
    :アメリカ陸軍/ダン・テイラー少尉
   ミケルティ・ウィリアムソン
    :フォレストの友人/ババ・ブルー
   マイケル・ハンフリーズ
    :少年時代/フォレスト
   ハンナ・ホール
    :少女時代/ジェニー

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック