映画「リアル鬼ごっこ」チラシ

日本に最も多い苗字「佐藤」。ある日、テレビで「佐藤」姓の人々が全国で相次いで亡くなっているという衝撃的なニュースが流れていた。事故、病気、事件、自殺と死因はさまざまだったが、それらに不審な点や因果関係は何も見つからなかった。なぜなら、この世界とリンクした別の日本では独裁的な王国に支配され、「佐藤」姓の人間は1日のうち数時間、国王の仕向けた鬼に追われ、捕まれば死刑という命を賭けた鬼ごっこを強要されていたのだ。それこそ「リアル鬼ごっこ」だった...。

原作は若者に絶大な人気を誇る作家、山田悠介の同名小説「リアル鬼ごっこ」。2001年、弱冠20歳の時に自費出版された本書はその奇抜な設定と世界観、スリルに満ちた寓話的ストーリーが圧倒的な支持を受け、瞬く間に口コミで広がり。累計100万部を超える大ベストセラーとなった。その映画化作品です。

〈ストーリー〉
日本に最も多い苗字「佐藤」。ある日、テレビではその「佐藤」姓の人々が相次いで亡くなるという奇妙なニュースが流れていた。死因はさまざまだったが、それらに不審な点や因果関係は何も見つからない。共通点はただ「佐藤」姓ということだけだった。「佐藤翼」は一匹狼の不良高校生。母親の死後、酒に溺れアル中となっている父親と、生まれつき言葉と感情を失い病院に入院している妹「愛」の世話をする優しさを持つ一方で、対立する不良グループから追われる毎日だった。敵対するグループのボスは「佐藤洋」。元は幼なじみで仲が良かったが、いつの頃からか二人は不仲になっていた。ある日、翼は洋のグループに捕まってしまう。絶体絶命のピンチが迫った瞬間、洋の前から翼は忽然と姿を消してしまった。翼が気が付くと、周りを取り囲んでいた不良たちは姿を消し、辺りは静寂に包まれている。通りかかったクラスメートを見つけ話しかけるが、相手は翼のことは知らないと言う。自分が置かれた状況がつかめない翼に向かって洋が物凄い形相で突進してきた。反射的に逃げようとした翼だったが、どうやら洋も何者かに追われていた。全身黒い衣装を着た、殺気に充ちた赤く不気味に光る目で追いかけてくる「鬼」。街には追いかける鬼と逃げまどう人々の悲鳴が響いていた...。
公式サイト、http://www.onigocco.net

製作/2007年
公開/2008年2月2日 日本映画 98分

監督/柴 田 一 成
原作/山 田 悠 介『リアル鬼ごっこ』
脚本/柴 田 一 成

出演/石 田 卓 也
    :不良高校生/佐藤 翼
   谷 村 美 月
    :佐藤翼の妹/佐藤 愛
   大 東 俊 介
    :佐藤翼と敵対するボス/高校生/佐藤 洋
   松 本 莉 緒:渡辺かをり
   吹 越   満:佐藤輝彦
   柄 本   明:医者

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック