映画「母〈かあ〉べえ」チラシ3

山田洋次監督の最新作『母べえ』。原作は、黒澤明監督作品のスクリプターを務めた野上照代の、読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞した自伝的小説。舞台は昭和15(1940)年の東京。戦争反対を唱える父が囚われの身となり、残された母と幼い二人の娘が、周囲の人々の優しさに支えられ、様々な困難にあいながらも明るく懸命に生きる姿を描く作品です。

人々から平和な暮らしを奪った激動の時代。しかし、そこには父と母が信じ合い、子供たちを守り抜く家族の愛があり、他人同士でも困った時は助け合う思いやりがあった。そんな今の日本が失いかけている心を描き、困難な時にこそ信じるものは何かを問いかける感動作。それが「母べえ」である。

原作は、長年にわたり黒澤明監督のスクリプターを務めた野上照代が、自身の家族の思い出を綴ったノンフィクション作品「父へのレクイエム」。埼玉県川口市のSKIPシティに、綿密な時代考証を重ねて戦前の街並みを再現したオープンセットも大きな見所です。

〈ストーリー〉
昭和15年の東京。父と母、娘の初子と照美の野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と愛称で呼び合う仲むつまじい家族だ。小さな家庭の穏やかな日常は、文学者である父・滋が治安維持法で検挙された朝から一変する。戦争に反対することが、国を批判するとして罪になる時代だった。
不安を募らせる母と娘たちのもとに、温かい思いやりを持った人々が次々に訪れる。父の教え子で出版社に勤める山崎徹は、父との面会申請のために奔走し、やがて一家から「山ちゃん」と呼ばれる大切な存在になる。父の妹で美しく快活な久子は、思春期を迎えた初子とおてんばな照美の良きお姉さん役で、いつしか山ちゃんにほのかな想いを寄せるようになる。そして、変わり者の仙吉叔父さんは、あけっぴろげで遠慮のない性格のため、いくつもの騒動を巻き起こすのだった。
離ればなれになった家族をつなぐのは手紙だけだった。まるで日記を書くように毎日の出来事を父に綴る初子と照美。そんな娘たちの成長を見守ることが母べえの心の支えだった。そんなある日、野上家に思いがけない便りが届くのだ...。
公式サイト、http://www.kaabee.jp

製作/2008年
公開/2008年1月26日 日本映画  

監督/山 田 洋 次
原作/野 上 照 代『母べえ』
脚本/山 田 洋 次
   平 松 恵美子

出演/吉 永 小百合:母/野上佳代「母べえ」
   坂東 三津五郎:父/野上 滋「父べえ」
   浅 野 忠 信:滋の教え子/出版社社員/山崎 徹
   壇   れ い:滋の妹/野上久子
   志 田 未 来:佳代の長女/野上初子「初べえ」
   佐 藤 未 来:佳代の次女/野上照美「照べえ」
   笑福亭 鶴 瓶:佳代の叔父/藤岡仙吉
   戸 田 恵 子:佳代の次女/野上照美(大人)
   中 村 梅之助:藤岡久太郎

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック