映画「KIDS」チラシ

原作は、人間ドラマとファンタジーが融合した感涙ものからホラーまでと幅広い作風で知られ、それで「和製スティーブウ・キング」と呼ばれる人気小説家・乙一のベストセラー短編小説「傷-KIZ/KIDS-」。人の傷を自分の体に移すことができる特殊能力をもち、純粋であるがゆえに傷を抱えもってしまう主人公・アサト。他人の痛みを自分の痛みとして感じ、自らが傷を負って人々を癒していくのだった。

画像
画像
〈ストーリー〉
街の工場で働いているタケオは、街にやってきたばかりの少年・アサトと出会う。ある日、タケオは、アサトがテーブルのビンを手も触れずに引き寄せる光景を目撃して興味を持ち声をかける。「この間のアレ、どうやったんだ?」。街にアサトを連れ出すタケオ。その時。チンピラに絡まれたアサトをタケオが救い、傷を負う。そしてアサトがタケオの手を取ると、不思議なことが起こる。タケオの傷がアサトに移動したのだ。「傷の深さも痛みも半分ずつ、二人で割ってはんぶんこだね」と言うアサト。顔立ちがどこか幼く、性格も内気なアサト。夢も希望もなく、荒んだ生活を送っているタケオ。共通点のない二人だったが、アサトの秘密を知ったその日以来、友情を深めていく...。
公式サイト、http://www.KIDS-KIZ.com

製作/2008年
公開/2008年2月2日 日本映画

監督/荻 原 達 也
原作/乙     一『傷-KIZ/KIDS-』
脚本/坂 東 賢 治

出演/小 池 撤 平
    :不思議な能力を持つ少年/アサト
   玉 木   宏
    :工場作業員/タケオ
   栗 山 千 明
    :アメリカン・ダイナーのウエイトレス/シホ
   斎 藤 由 貴
    :アサトの母/刑務所受刑囚/小野響子
   泉 谷 しげる
    :アサトの保護司/神田幸助

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック