●市川 崑 監督作品

★ICHIKAWA KON

 1915年(大正4)11月20日、三重県に生まれる。33年(昭和8)に京都J・Oスタジオ(東宝の前身)に入社、36年(昭和11)に助監督となる。
 47年(昭和22)、新東宝へ移り、『東宝千一夜』の構成・演出を担当。翌48年(昭和23)『「眞知子」より 花ひらく』で監督デビーする。この年に脚本家の和田夏十と結婚し、その後コンビを組んだが、和田は83年(昭和58)に死去しています。
 51年(昭和26)に東宝に戻り、『結婚行進曲』、53年(昭和28)『プーサン』等、都会的な「軽み」と斬新な映像感覚、実験精神に溢れた風刺喜劇を連打し、高い評価を得る。
 55年(昭和30)に日活に移籍し、56年(昭和31)『ビルマの竪琴』がヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジオ賞を受賞、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされる。また、大映に移籍後の59年(昭和34)『鍵』がカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞、一躍日本を代表する名匠となる。さらに、65年(昭和40)に手掛けた初のドキュメンタリー作品『東京オリンピック』では当時の日本映画史上最高の観客動員を樹立する。69年(昭和44)、黒澤明、木下惠介、小林正樹と「日本はもとより、世界の話題となる映画を作ろう」という主旨のもとに「四騎の会」を設立した。
 76年(昭和51)には角川映画第一作『犬神家の一族』を監督する。この記録的大ヒットによってその後連作された金田一耕助シリーズ等のミステリー路線、83年(昭和58)『細雪』等の女性映画路線、85年(昭和60)『ビルマの竪琴』等の文芸路線など、幅広いジャンルの映画を精力的に発表する。
 2000年(平成12)『どら平太』で日本人として初めてのベルリン映画祭ベルリナーレ・カメラ賞を受賞、2001年『かあちゃん』が選出されたモントリオール世界映画祭では特別功労賞を受賞しています。
 2006年(平成18)には、30年前と同じ脚本でリメイクした『犬神家の一族』を手掛け、これが最後の撮影作品となる。2008年(平成20)2月13日に肺炎のため92歳で死去する。

画像
〈市川 崑 監督作品〉
〈昭和23(1948)年〉
  「眞知子」より 花ひらく
   /新東宝映画
  三百六十五夜・東京篇・大阪篇
   /新東宝映画(出演・上原 謙、山根寿子、高峰秀子)
〈昭和24(1949)年〉
  人間模様
   /新東宝映画(出演・上原 謙、山口淑子、月丘千秋)
  果てしなき情熱
   /新東宝=新世紀プロ(出演・堀 雄二、月丘千秋)
〈昭和25(1950)年〉
  銀座三四郎
   /新東宝映画(出演・藤田 進、志村 喬、河村黎吉)
  熱泥池
   /新東宝映画(出演・藤田 進、利根はる恵、堀 雄二)
  暁の追跡
   /田中プロモーション(出演・池部 良、杉 葉子)
〈昭和26(1951)年〉
  夜來香
   /新東宝=昭映プロ(出演・上原 謙、久慈あさみ)
  恋人
   /新東宝映画(出演・池部 良、久慈あさみ、千田是也)
  無国籍者
  盗まれた恋(I Love You)
   /新東宝=青柳プロ(出演・久慈あさみ、加藤道子)
  ブロガワンソロ
   /新東宝映画(出演・池部 良、森繁久彌、伊藤雄之助)
  結婚行進曲 WEDDING MARCH
   /東宝映画(出演・上原 謙、山根寿子、杉 葉子)
〈昭和27(1952)年〉
  ラッキーさん
  若い人
   /東宝映画(出演・池部 良、久慈あさみ、島崎雪子)
  足にさわった女
   /東宝映画(出演・越路吹雪、池部 良、三好栄子)
  あの手この手
   /大映京都映画(出演・久我美子、森 雅之、水戸光子)
〈昭和28(1953)年〉
  プーサン
   /東宝映画(出演・伊藤雄之助、越路吹雪、木村 功)
  青色革命
  天晴れ一番手柄 青春銭形平次
  愛人
〈昭和29(1954)年〉
  わたしの凡てを
  億万長者
   /青年俳優クラブ(出演・木村 功、高原駿雄、春日俊二)
  女性に関する十二章
〈昭和30(1955)年〉
  青春怪談
  夏目漱石のこころ
   /日活映画(出演・森 雅之、新珠三千代、三橋達也)
〈昭和31(1956)年〉
  ビルマの竪琴
   /日活映画(出演・三國連太郎、安井昌二、北林谷栄)
  処刑の部屋
   /大映東京映画(出演・川口 浩、若尾文子、小高 尊)
  日本橋
   /大映京都映画(出演・淡路千景、若尾文子、山本富士子)
〈昭和32(1957)年〉
  満員電車
   /大映東京映画(出演・川口 浩、小野道子、船越英二)
  東北の神武たち
  穴/大映東京映画(出演・京マチ子、船越英二、山村 聰)
〈昭和33(1958)年〉
  炎上
   /大映京都映画(出演・市川雷蔵、仲代達矢、中村雁治郎)
〈昭和34(1959)年〉
  あなたと私の合言葉 さようなら、今日は
   /大映京都映画(出演・若尾文子、京マチ子)
  鍵/大映京都映画(出演・京マチ子、叶 順子、仲代達矢)
  野火
   /大映東京映画(出演・船越英二、ミッキー・カーチス)
〈昭和35(1960)年〉
  女経 第二話・物を高く売りつける女
  ぼんち
   /大映京都映画(出演・市川雷蔵、中村玉緒、若尾文子)
  おとうと
   /大映京都映画(出演・岸 恵子、川口 浩、田中絹代)
〈昭和36(1961)年〉
  黒い十人の女
   /大映映画(出演・岸 恵子、山本富士子、宮城まり子)
〈昭和37(1962)年〉
  破戒
   /大映京都映画(出演・市川雷蔵、藤村志保、三國連太郎)
  私は二歳
   /大映東京映画(出演・山本富士子、船越英二、浦辺粂子)
〈昭和38(1963)年〉
  雪之丞変化
   /大映京都映画(出演・長谷川一夫、山本富士子)
  太平洋ひとりぼっち
   /石原プロ=日活(出演・石原裕次郎、森 雅之)
〈昭和39(1964)年〉
  ど根性物語 銭の踊り
   /大映東京映画(出演・勝新太郎、江利チエミ、船越英二)
〈昭和40(1965)年〉
  東京オリンピック/ドキュメンタリー
〈昭和42(1967)年〉
  トッポ・ジージョのボタン戦争
   /(声の出演・中村メイコ、大平 透、冬城五郎)
〈昭和43(1968)年〉
  青春 第50回全国高校野球選手権大会/ドキュメンタリー
〈昭和46(1971)年〉
  愛ふたたび
   /東宝映画(出演・ルノー・ベルレー、浅丘ルリ子)
〈昭和48(1973)年〉
  股旅
   /市川プロ=ATG(出演・萩原健一、小倉一郎)
  時よとまれ 君は美しい-最も速く-
〈昭和50(1975)年〉
  吾輩は猫である
   /芸苑社(出演・仲代達矢、波乃久里子、伊丹十三)
〈昭和51(1976)年〉
  妻と女の間/豊田四郎との共同監督
  犬神家の一族
   /角川春樹事務所(出演・石坂浩二、高峰三枝子)
〈昭和52(1977)年〉
  悪魔の手毬唄
   /角川春樹事務所(出演・石坂浩二、岸 恵子)
  獄門島
   /角川春樹事務所(出演・石坂浩二、大原麗子、佐分利信)
〈昭和53(1978)年〉
  女王蜂
   /角川春樹事務所(出演・石坂浩二、中井貴恵)
  火の鳥
   /東宝=火の鳥プロ(出演・高峰三枝子、仲代達矢)
〈昭和54(1979)年〉
  病院坂の首縊りの家
   /角川春樹事務所(出演・石坂浩二、佐久間良子)
〈昭和55(1980)年〉
  古都
   /ホリ企画制作(出演・山口百恵、三浦友和、北詰友樹)
〈昭和56(1981)年〉
  幸福
   /フォーライフ=東宝映画(出演・水谷 豊、永島敏行)
〈昭和58(1983)年〉
  細雪
   /東宝映画(出演・佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子)
〈昭和59(1984)年〉
  おはん
   /東宝映画(出演・石坂浩二、吉永小百合、大原麗子)
〈昭和60(1985)年〉
  ビルマの竪琴
   /フジテレビジョン他(出演・中井貴一、石坂浩二)
〈昭和61(1986)年〉
  鹿鳴館
   /MARUGEN(出演・浅丘ルリ子、石坂浩二、菅原文太)
〈昭和62(1987)年〉
  映画女優
   /東宝映画(出演・吉永小百合、森 光子、石坂浩二)
  竹取物語
   /東宝=フジテレビジョン(出演・沢口靖子、三船敏郎)
〈昭和63(1988)年〉
  つる-鶴-
   /東宝映画(出演・吉永小百合、野田秀樹、樹木希林)
〈平成3(1991)年〉
  天河伝説殺人事件
   /(出演・榎本孝明、岸 恵子、日下武史、財前直見)
〈平成5(1993)年〉
  帰って来た木枯し紋次郎
   /フジテレビジョン他(出演・中村敦夫、坂口良子)
〈平成6(1994)年〉
  四十七人の刺客〈しきゃく〉
   /東宝・日本テレビ他(出演・高倉 健、中井貴一)
〈平成8(1996)年〉
  八つ墓村
   /東宝他(出演・豊川悦司、浅野ゆう子、高橋和也)
〈平成11(1999)年〉
  新撰組
   /フジテレビジョン(出演・中村敦夫、中井貴一)
  どら平太
   /(出演・役所広司、浅野ゆう子、宇崎竜童、片岡鶴太郎)
〈平成13(2001)年〉
  かあちゃん
   /映像京都=日活他(出演・宇崎竜童、岸 恵子)
〈平成18(2006)年〉
  犬神家の一族
   /角川映画他(出演・石坂浩二、松嶋菜々子)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック