映画「犬と私の10の約束」チラシ2

成人したあかりを演じるのは『夕凪の街 桜の国』の田中麗奈。そして、加瀬亮、福田麻由子、高島礼子、豊川悦司ら実力キャストが共演。彼ら一人一人とソックスとの交流が丹念に描かれ、犬は飼い主に豊かな愛情を与えてくれるだけでなく、人と人の絆すら結んでくれるのだと教えてくれます。

楽しい時も、淋しい時も、犬は黙ってそばにいてくれる。もし、犬たちが人間の言葉を話せたら、いったい私たちに何を望むのだろう?そんな疑問に答えてくれる作者不詳の短編詩「犬の10戒」が今、世界中で静かなブームを呼んでいます。この詩では、犬から飼い主へのメッセージという形で、犬が私たちにして欲しい10の約束事が語られています。この詩から出来た、一匹の犬と一人の少女のかけがえのない日々を描いた感動作です。

『犬と私の10の約束』
1、私と気長につきあってください。
2、私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3、私にも心があることを忘れないでください。
4、言うことを聞かないときは、理由があります。
5、私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
6、私をたたかないで。本気になったら、私のほうが強いことを忘れないでください。
7、私が年を取っても、仲良くしてください。
8、あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9、私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10、私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。
(原典:犬の10戒)

〈ストーリー〉
北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやって来た。前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりは「ソックス」と名付けた。母はあかりに、犬を飼う時には、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒におとなへの道を歩き始める。母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての独り暮らし、恋人の事故...。あかりの人生を揺さぶる様々な出来事。どんな時も、ずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった...。
公式サイト、http://www.inu10.jp

製作/2008年
公開/2008年3月15日 日本映画

監督/本 木 克 英
原作/澤 本 嘉 光
脚本/澤 本 嘉 光

出演/田 中 麗 奈:大学生/斉藤あかり
   加 瀬   亮:あかりの幼なじみ/星 進
   福 田 麻由子:少女時代/斉藤あかり
   高 島 礼 子:あかりの母/斉藤芙美子
   豊 川 悦 司:あかりの父/斉藤祐市
   佐 藤 祥 太:少年時代/星 進

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ100種類、2,600円(送料込み)もあります。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック