映画「スニーカーズ」パンフ

ロバート・レッドフォード率いるハイテク・エキスパート集団。その名も「スニーカーズ」。彼らは、依頼人の警備システムをチェックするため、強盗顔負けの手口で様々なビルに潜入する5人のスペシャリストだ。違法と合法のスレスレの線で暗躍する、ハイテク仕事人なのだ。その「スニーカーズ」が、世界をも左右するたった1個のコンピュータ・チップをめぐって、ハッカー組織と対決する。

〈ストーリー〉
1969年。大学キャンパスで、コンピュータに向かう二人の学生がいた。彼らは学びたての電子工学を実戦するべく、政府機関や大統領の銀行口座に侵入し、「寄付」と称して大金を不遇な人々に振り込んでいた。25年後。サンフランシスコで、「スニーカーズ」と呼ばれる集団が活躍していた。彼らの仕事は、依頼人のビルに潜入し、警備状況の盲点を指摘することだった。ビショップをリーダーに元CIAのクリース、まだ19歳だがコンピュータの達人カール、ビル侵入とメカのプロであるマザー、そして、オーディオの天才で盲目のホイッスラー。今日も5人は、依頼人に報告書と請求書を提出。だがある日、ビショップのもとを、NSA(国家安全保障局)の男たちが訪れ、高等数学者ジャネック博士が開発した超高性能の暗号解読器「ブラック・ボックス」を盗み出すよう依頼する。政府の仕事は請けないと断るビショップに、男たちは彼の過去を盾に有無を言わさない。実は、ビショップこそが、あの日、親友のコズモと共に、大学で違法な「寄付」をしていたハッカーだった。不運にも、コズモは逮捕され獄中で死亡し、ビショップは今日まで生きのびていたのだ...。

製作/1992年
公開/1993年  アメリカ映画  126分

監督/フィル・アルデン・ロビンソン
脚本/フィル・アルデン・ロビンソン
   ウォルター・F・パークス
   ローレンス・ラスカー

出演/ロバート・レッドフォード
    :ハイテク集団「スニーカーズ」リーダー
                      /ビショップ
   シドニー・ポワチエ
    :元CIA局員/ハイテク集団「スニーカーズ」メンバー
                       /クリース
   リヴァー・フェニックス
    :ハイテク集団「スニーカーズ」メンバー/カール
   ベン・キングスレー
    :ビショップの親友/コズモ
   デビッド・ストラザーン
    :ハイテク集団「スニーカーズ」メンバー
                     /ホイッスラー
   ダン・エイクロイド
    :ハイテク集団「スニーカーズ」メンバー/マザー
   メアリー・マクドネル
    :ビショップの元恋人/リズ

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ100種類、2,600円(送料込み)もあります。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック