映画「タイタニック」パンフ

ジェームズ・キャメロンが20世紀最大の悲劇ともいわれる「タイタニック号事件」の映画化に挑んだ超大作。事件のリサーチに並みならぬ執念を燃やしたキャメロンは、全長236メートルのタイタニック号をほぼ原寸サイズでスタジオに再現し、衝突から沈没までの一時間強のパニック状況をほとんど時間的省略をせずに描き上げた作品。刻一刻と進む沈没の極限状況に直面した人々のパニック、愛と別れ、サバイバルへの強烈な意志が、涙と感動のヒューマン・ドラマとして描かれています。

画像
画像
〈ストーリー〉
1912年4月10日、当時史上最大であった豪華客船タイタニック号が、イギリスのサザンプトン港からニューヨークに向けて運命の処女航海へと旅立った。「夢の豪華客船」とまで呼ばれたタイタニック号であったが、14日の夜、北大西洋上で氷山に衝突。沈没しないと言われていたタイタニック号で1,517人の犠牲者を出し、生き残ったのは706人だった。
現代。3773メートルの海底に深く眠るタイタニック号の姿があった。タイタニック号の引き上げ作業の指揮をとる野心家のラベットは、かつての豪華客船タイタニックの秘宝を求めて調査していた。そして、生存者のローズ・カルバートという老婦人がラベットの前に現れる。そこで浮かび上がってきたのは、未だかつて語られることのなかった物語だった...。
今、光り輝く宮殿のようなタイタニック号は、アメリカへの旅に寄せる幾千もの希望、そして情熱に燃えた二つの若い心を乗せて旅立った。それはこの先、彼らの人生を永遠に変えてしまうことになる。17歳のローズ・ブカターは上流階級のアメリカ人。厳格で決まり事の多いエドワード王朝の社交界に息をつまらせていた。一方、出発直前にチケットを入手した画家志望の若者ジャック・ドーソンもこの船に乗船していた。婚約者のいるローズは、三等船室客の自由奔放な青年ジャックと出会い、恋に落ちる。しかしその恋は許されぬものだった。14日深夜、タイタニック号の船首が北大西洋の氷河に衝突した。浸水で船が傾き始めるなか、乗客たちは極限のパニックに陥るのだった...。

原題/TITANIC
製作/1997年
公開/1997年12月20日 アメリカ映画 198分

監督・脚本/ジェームズ・キャメロン

出演/レオナルド・ディカプリオ
    :ジャック・ドーソン/青年
   ケイト・ウィンスレット
    :ローズ・デウィッド・ブカター(ルースの娘)
   ビリー・ゼーン
    :キャル・ホックリー(ローズの婚約者)
                     /大資産家
   キャシー・ベイツ
    :モリー・ブラウン/億万長者夫人
   ビル・パクトン
    :ブロック・ラベット/冒険家《現在》
   グロリア・スチュアート
    :ローズ・カルバート/101歳の老婦人《現在》
   フランシス・フィッシャー
    :ルース・デウィッド・ブカター(ローズの母)
                   /上流階級夫人
   バーナード・ヒル
    :E・J・スミス/「タイタニック号」船長
   ジョナサン・ハイド
    :J・ブルース・イスメイ
   デヴィッド・ワーナー
    :スパイサー・ラブジョイ(キャルの召使い)
   ビクター・ガーバー
    :トーマス・アンドリュース
   ダニー・ヌッチ
    :ファブリツィオ・デ・ロッシ
   スージー・エイミス
    :リジー

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック