映画「フリージア」チラシ

カルト的な人気を誇る松本次郎の「フリージア」を、熊切監督が大胆に脚色し「なまぬるい空気に潜む、凶暴なエッセンス」で読者を魅了した原作の世界観を背景に、命のやりとりこそが絆となる「戦いのドラマ」を、リアルを徹底的に追及したガンアクションでビジュアル化した作品です。

謎めいた女にスカウトされ、敵討ち執行代理人となったヒロシ。表情ひとつ変えずに引き金を引き、淡々と任務をこなしていく彼の前に、15年前の幻が現れる。極秘の兵器実験。封印された感情。それらはヒロシを運命の決闘へと導いていくのだ...。

〈ストーリー〉
白昼の住宅街で、開店したばかりのラーメン屋に、拳銃を持った3人組が入ってくる。彼らはラーメン屋主人が飲酒運転で死なせてしまった母子の遺族から、敵討ちを依頼されたプロの執行代理人だ。
この日が初の任務である叶ヒロシは、心ここにあらずといった様子で、先輩の溝口と山田を不安にさせていた。しかし、ターゲットの妻ナツミが姿を表すと、ヒロシは素早い拳銃さばきでその額を撃ち抜いた。そして唖然とするふたりを尻目に、逃げ出したターゲットの夫を追いつめ、無表情で仕留めたのだった。
15年前、少年兵だったヒロシは、上官のトシオとともに30人ほどの幼い子供たちを連れて山の中に行き、そこに子供たちを置いて立ち去った。次の瞬間、真っ白い閃光と奇妙な高音が聞こえた。一瞬にして凍り付いた木々を抜けて先ほどまでいた場所に戻ると、子供たちの凍結死体がころがっていた。一人だけ離れた場所にいた被爆をまぬがれた少女が、ヒロシに向かって手を伸ばし何かを訴えているが、ヒロシには何も聞こえない。その時の少女・マリコの幻影が15年経った今もヒロシの脳裏から離れずに、時おりヒロシの前に現れるのだった。
公式サイト、http://www.freesia-movie.com

英題/FREESIA
製作/2006年
公開/2007年2月3日 日本映画 103分

監督/熊 切 和 嘉
原作/松 本 次 郎 『フリージア』
脚本/宇治田 隆 史

出演/玉 山 鉄 二
    :敵討ち執行代理人/叶ヒロシ
   西 島 秀 俊
    :ヒロシの元上官/整備工場作業員/トシオ
   つ  ぐ  み
    :カツミ敵討ち執行代理人事務所/ヒグチ
   三 浦 誠 己
    :敵討ち執行代理人/ヒロシの上司/溝口
   柄 本   佑
    :敵討ち執行代理人/ヒロシの同僚/山田一郎
   坂 井 真 紀
    :ラーメン屋の妻/ナツミ
   竹原 ピストル
    :整備工場作業員/シバザキ
   鴻 上 尚 史
    :ヤクザ/隅川栄一
   嶋 田 久 作
    :岩鶴
   大 口 広 司
    :幽霊

画像
画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシ48枚セット1,400円(送料込み)もあります。
詳しくは
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック