映画「ラヂオの時間」パンフ

映画では初監督になる三谷幸喜は、とにかく今までにない日本映画が作ってみたかった。それも「アメリカ映画のような日本映画を作ること」だった。アメリカ映画的というのはどういうことなのか?彼は悩んだ末に気が付いたことは、やはりアメリカ人が出ていることではないかと思ったそうです。

画像
画像
〈ストーリー〉
平凡な主婦のみやこは初めて書いた脚本が、ラジオドラマに採用され緊張気味だった。生放送を直前に控えたその時、主演の大女優のっこが役名をリツコからメアリー・ジェーンに変え、職業も弁護士にしたいと言い出す。機嫌を損ねたくないプロデューサーの牛島は、早速、他の登場人物も外国人名に変更する。
今度は相手役の浜村が漁師の役ではなく、パイロットにしなければ役を降りるというのだ。それを機に、出演者たちは口々に不満を漏らし始める。牛島が場を取り持つうちに、メロドラマがやがてアクションものへと変わっていき、みやこの作った脚本が放送されるうちに、どんどん変わっていくのだった。

製作/1997年
公開/1997年 日本映画 103分

監督/三 谷 幸 喜
原作/三 谷 幸 喜と東京サンシャインボーイズ
脚本/三 谷 幸 喜

出演/唐 沢 寿 明:工藤  学/
           「ラジオ弁天」ディレクター
   鈴 木 京 香:鈴木みやこ/作家
   西 村 雅 彦:牛島 龍彦/
           「ラジオ弁天」プロデューサー
   井 上   順:広瀬 満俊/タレント
   戸 田 恵 子:千本のっこ/女優
   細 川 俊 之:浜村  錠/俳優
   布 施   明:堀ノ内修司/
           「ラジオ弁天」編成部編集マン
   藤 村 俊 二:伊織 万作/
           「ラジオ弁天」元効果マン・警備員
   モ ロ 師 岡:「バッキーさん」/放送作家
   小 野 武 彦:野田  勉/役者
   渡 辺   謙:大貫 雷太/トラック運転手
   並 樹 史 朗:保坂  卓/ナレーター
   大 貫   薫:永井スミ子/
            アシスタント・プロデューサー
   梶 原   善:大田黒春五郎/
            アシスタント・ディレクター
   田 口 浩 正:辰巳  真/
           「ラジオ弁天」ミキサー
   梅 野 泰 靖:古川謙十郎
              (のっこのマネージャー)
   近 藤 芳 正:鈴木 四郎(みやこの夫)
                  車のセールスマン

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック