映画「Life 天国で君に逢えたら」チラシ

本作はプロウインドサーファー・飯島夏樹の半生と、サーファー時代から夏樹を支えた妻・寛子の献身的な姿を描くことによって、夫婦愛、そして子供たちとの交流を通した家族愛のドラマです。彼は「死」を目前にしても、ひたすら前向きに生きた。そしてその家族との心の交流は、真実の物語だけが持つゆるぎない感動と力強いメッセージに溢れています。

画像
画像
〈ストーリー〉
日本人で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウインドサーファーの飯島夏樹。世界大会を転戦し、数々の入賞経験を持つ彼は、2004年5月、肝細胞ガンと診断された。その後、うつ病とパニック症候群を併発する。家族と友人の励ましにより、ほぼ克服したが、二度の大手術と様々な治療をしたにも関わらず、病状は悪化してしまう。
2004年5月、余命3ヶ月の宣告を受け、この宣告と前後して彼は小説を書き始める。彼は「自分は生かされている」と体感し、偶然出逢った執筆活動に生きがいを見出した。そして2004年8月に慣れ親しんだハワイに家族で移住したのだ。
彼は家族を愛し、また「最後の時まで物書きを続けたい」と執筆活動を続けていたが、2005年2月28日に妻に見守られ永眠したのだった。
公式サイト、http://life-tenkimi.jp

製作/2007年
公開/2007年8月25日 日本映画 

監督/新 城 毅 彦
原作/飯 島 夏 樹
       『天国で君に逢えたら』『ガンに生かされて』
脚本/斉 藤 ひろし
   吉 田 智 子

出演/大 沢 たかお:飯島夏樹/プロウインドサーファー
   伊 東 美 咲:飯島寛子(夏樹の妻)
   真 矢 み き:藤堂玲子(藤堂の妻)
   袴 田 吉 彦:篠田/夏樹のウインド仲間
   川 島 海 荷:飯島小夏(夏樹の長女)
   石 丸 謙二郎:武藤/夏樹の主治医
   哀 川   翔:藤堂 完/夏樹のウインド師匠

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック