映画「魔笛〈まてき〉」チラシ2

神童と呼ばれたアマデウス・モーツァルトが、生涯の集大成として作り上げたオペラ「魔笛」。魔法の笛に導かれて出会った恋人たちの奇跡の愛の物語は、豊かな娯楽性と華やかな音楽性を備えたオペラ史上の最高傑作として知られている。それは二世紀以上にわたり、世界中のクラシック・ファンを魅了し続けてきた。そのシェイクスピア劇を映画に甦らせたイギリスの天才、ケネス・プラナー監督が完全映画化しました。
舞台を第一次世界大戦前夜のヨーロッパに移し、斬新なストーリー展開は、驚異のビジュアルマジックによって至高のシネマオペラを誕生させています。

画像
画像
〈ストーリー〉
第一次世界大戦前夜のヨーロッパ。戦場で命を失いかけたところを、夜の女王に仕える三人の侍女に救われた若き兵士タミーノ。その後彼は、小心者だが愉快な鳥刺しパパゲーノと出会う。そしてタミーノは女王から、暗黒卿と呼ばれるザラストロに誘拐された自分の娘パミーナを救い出してほしいと頼まれ、女王から魔法の笛をもらう。それでパパゲーノと旅に出るのだった。
タミーノはザラストロの神殿に忍び込み、そこで出会ったパミーナを一目見て恋に落ちる。実はサラストロは戦争で傷付いた人を癒しかくまう、平和を愛する指導者だった。しかし復讐に燃える女王は娘パミーナにザラストロを殺すように迫るのだ。
タミーノとパミーナの愛は深まるが「沈黙」「水」「火」といった三つの試練が与えられる。愛をかなえ、自由を手にするために課せられた苛酷な試練。しかし魔笛が奇蹟を起こすのだった。
公式サイト、http://www.mateki.jp

原題/THE MAGIC FLUTE
製作/2006年
公開/2007年7月14日 イギリス映画 139分

監督/ケネス・ブラナー
原案/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
                    『魔笛』
脚本/ケネス・ブラナー
英語脚色/スティーヴン・フライ

出演/ジョセフ・カイザー
    :タミーノ/若き兵士
   エイミー・カーソン
    :パミーナ/夜の女王の娘
   ルネ・パーペ
    :ザラストロ/謎の指導者
   リューボフ・ペドロヴァ
    :「夜の女王」(パミーナの母)
   ベン・デイヴィス
    :パパゲーノ/鳥刺し
   シルヴィア・モイ
    :パパゲーナ/
       パパゲーノが恋い焦がれる女性

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック