映画「陰陽師〈おんみょうじ〉II」パンフ

平安の時代。それはまだ、人と妖かしが共に生きていたとき。都では夜闇を鬼が跳梁し、身分高き者たちを襲うという怪異が相次いでいた。
平安の都。そこは、光と闇が交わりし所。
光なす貴族たちの宴が繰り広げられるその影では、悪政や貧困に苦しむ民たちの喘ぐ声が闇を満たしていた。
人々は、現世(うつしよ)の苦しみから解かれようと来世に思いをなし、仏や神に救いを求めていた。

画像
画像
〈ストーリー〉
その夜、右大臣藤原安麻呂の屋敷では盛大な宴が執り行われていた。この頃都では、日隠れ(日蝕)があって以来、鬼が貴人たちを殺しては体の一部を喰らうという、怪奇な事件があいついでおり、そのための鬼封じの儀式を催したのだ。
しかし、列席した源博雅の目を奪ったのは、突然現れた一人の少女の姿だった。安麻呂の一人娘、日美子〈ひみこ〉が男装して弓を射る姿は「鬼も恐るる男姫」と噂される通りだったが、博雅はその凛とした美しさに一目惚れしてしまったのだ。しかし、鬼封じをしても又しても鬼は出現し、当の儀式を取り仕切った神宮の斎部定行が犠牲になる始末だった。
安麻呂は実はこの事件に、日美子が関わっているのではないかと疑惑を抱き、博雅を通じて、安倍晴明に調べてくれるように依頼してきたのだった...。

製作/2003年 
公開/2003年10月4日 日本映画 115分

監督・脚本/滝 田 洋二郎
原作・脚本/夢 枕   獏『陰陽師』
脚本/江 良   至
   
出演/野 村 萬 斎
    :安倍晴明〈あべの せいめい〉/陰陽寮・陰陽師
   伊 藤 英 明
    :源 右近衛府中将 博雅〈ひろまさ〉/殿上人
   今 井 絵理子
    :密虫〈みつむし〉(安倍晴明の式神)
   市 原 隼 人
    :須佐〈すさ〉/琵琶師
   古手川 祐 子
    :月黄泉〈つくよみ〉/元出雲族王妃
   深 田 恭 子
    :日美子〈ひみこ〉(藤原安麻呂の娘)
   中 井 貴 一
    :幻角〈げんかく〉/病いの施しを行う術師
   伊 武 雅 刀
    :藤原 右大臣 安麻呂〈やすまろ〉/殿上人
   鈴木 ヒロミツ
    :平 為成/殿上人
   山 田 辰 夫
    :三善 行憲/殿上人
   螢   雪次朗
    :帝〈みかど〉/天皇
   五 代 高 之
    :斎部 定行/神官
   城 戸 裕 次
    :(博雅の従者)
   斎 藤   歩
    :藤原 兼通/殿上人
   八 巻 建 弐
    :橘 検非違使大尉 右近
   能 世 あんな
    :景子〈けいし〉/神社巫女

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック