映画「アーサーとミニモイの不思議な国」チラシ2

タイムリミットは36時間、悪魔マルタザールを倒し、ミニモイの国の未来を救えるのか?ミクロになったアーサーの大冒険が今、始まる。
リュック・ベッソン監督最新作は、実写と3-Dアニメが融合した、想像を超えたまったく新しい映画だった。原作はベッソン自らが執筆し、世界中32カ国で発売された大ベストセラー「アーサーとミニモイの不思議な国」。アニメーション初挑戦のリュック・ベッソン監督が贈る驚異のファンタジー・アドベンチャー作品です。アーサー少年を演じるのは『チャーリーとチョコレート工場』でジョニー・デップと共演したフレディ・ハイモア。彼は天才的な子役で、本作のアーサー役を見事に演じています。

『ミニモイの国への行き方』
1年に1回、10番目の「満月の夜12時」ちょうどにミニモイの国への扉が開く。地面に「望遠鏡」を設置して、3つの輪を回転すると、月の光が差し込んで「ミニモイの国」への道ができるのだ。

画像
画像
〈ストーリー〉
ある日、少年アーサーは4年前に失踪した冒険家のおじいさんが残した宝物の地図を発見する。地図には、宝物は体長2mmのミニモイ族が住む「ミニモイの国」にあるという。おじいさんの残した地図と暗号を解読し、ミニモイの国へとたどり着いたアーサーは、宝物が悪の帝王マルタザールが支配する闇の都市ネクロポリスにあることうを知る。
アーサーはミニモイ族の王女セレニアと弟・ベタメッシュと共に悪魔マルタザールが支配するネクロポリスを目指し旅立つのだ。勇気と自分を信じる心を武器に、アーサーはマルタザールと対決することになる。しかし、人間の姿に戻れるタイムリミットは36時間。宝物を求め、伝説にしか存在しない地底に広がる「7つの王国」への大冒険が始まるのだ。
公式サイト、http://www.arthur-movie.jp

原題/ARTHUR AND THE MINIMOYS
製作/2006年
公開/2007年 フランス映画 104分

監督/リュック・ベッソン
原作/リュック・ベッソン
   『アーサーとミニモイの不思議な国』
脚本/リュック・ベッソン
   セリーヌ・ガルシア

出 演/フレディ・ハイモア(神木隆之介)
     :少年/アーサー
    ミア・ファロー
     :アーサーのおばあちゃん
声出演/マドンナ(戸田恵梨香)
     :ミニモイの王女/セレニア
    デヴィッド・ボウイ(Gackt)
     :ミニモイの悪の帝王/マルタザール
    スヌープ・ドッグ(トシ)
     :ミニモイのバー経営者/マックス
    ロバート・デ・ニーロ
     :ミニモイの国王/キング
    ダグラス・ランド(えなりかずき)
     :セレニアの弟/ベタメッシュ
    アレン・ホイスト(タカ)
     :クーロマッサイ

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック