映画「ダイ・ハード3」パンフ

ブルース・ウィリス扮するジョン・マックレーン刑事がテロ事件に巻き込まれる大ヒットシリーズ第3弾。
ジョン・マックレーン刑事が今回対戦するのは謎の爆弾魔サイモン。彼はニューヨーク全市を恐怖と戦慄で震え上がらせる知能犯。サイモンは爆弾テロリストの相棒と組み、地下鉄の車両に爆弾を仕掛け、さらに小学校など次々に爆弾計画を実行する。その爆破予告にマクレーンばかりかFBIやCIAまでも振り回されることになるのだった。

画像
〈ストーリー〉
ニューヨークの朝。新学期セールの買物で賑わう五番街のデパートが、大音響とともに爆破された。中央警察署は事件に騒然となるが、サイモンと名乗る犯人から捜査1課課長のコッブに脅迫電話が入る。停職処分中のジョン・マックレーン刑事に命令ゲームの相手をさせなければ、再び公共の場を爆破するというのだ。
ロサンゼルスに住む妻ホリーと1年間も絶交状態が続いていたマクレーンは、アル中寸前で生活は荒れ放題だった。二日酔いで頭痛に悩まされているところを無理やり駆け出され、ゲームの指定場所である138丁目のアムステルダム交差点へ連れて行かれた。そして無謀にも黒人街ハーレムのど真ん中で「I HATE NIGGERS(俺は黒人が大嫌いだ)」の看板を掲げ交差点に立たされる。それでたちまちストリート・ギャングに囲まれるが、間一髪のところを家電修理店店主ゼウスに救われる。
怪我をして署に戻った二人は、爆弾処理班部長ワイスから公園で発見されたアタッシュケースを見せられる。中には赤と無色の液体が入っていて、二つが混合されれば凄い威力の爆薬になる。しかも、週末にリブモア研究所から約1,000kgもの液体爆弾が盗まれており、大惨事を引き起こせる量の爆薬がどこかに残されていることを告げられる。そこへ再びサイモンから、二人で15分後に72丁目の地下鉄駅入り口の公衆電話へ来いと指令が入るのだった。

原題/DIE HARD: WITH A VENGEANCE
製作/1995年
公開/1995年 アメリカ映画 128分

監督/ジョン・マクティアナン
脚本/ジョナサン・ヘンスレー

出演/ブルース・ウィリス
    :ジョン・マックレーン/ニューヨーク市警察刑事
   ジェレミー・アイアンズ
    :サイモン/爆弾テロリスト
   サミュエル・L・ジャクソン
    :ゼウス・カーバー/家電修理店店主
   グラハム・グリーン
    :ジョー・ランバート/ニューヨーク市警察刑事
   コリーン・キャンプ
    :コニー・コワルスキー/
             ニューヨーク市警察女性刑事
   ラリー・ブリッグマン
    :ウォルター・コッブ/
         ニューヨーク中央警察署捜査1課課長
   サム・フィリップス
    :カティヤ・タルゴ(マチアスの妻)
   アンソニー・ペック
    :リッキー・ウォルシュ/ニューヨーク市警察刑事
   ニック・ワイマン
    :マチアス・タルゴ/爆弾テロリスト

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック