映画「東南角部屋二階の女」チラシ

真剣に生きることを避けている若者たちと、日常を丹念に生きている表舞台から退いた人たち。同じ場所と時間を共有し、同じ想いを胸に抱くまでの、その緩やかで優しい心揺さぶられる日々を描いた、どこか懐かしい作品。
社会のどこにも属することなく、不安と焦りを抱えながらひとつのアパートに集まってきた3人。遠くにあるものだけに思いを馳せ、近くにある確かなものを見逃してきた若者たちに、普段接点のない、人生の先輩たちとの出会いが訪れる。
かつての激しい気持ちを収め、いまは物言わぬ祖父。大切なものをひっそりとしまいこみ、それを見守ってきたアパートの女性オーナー。アフリカ放浪の旅の経験をもち、世界観が変わり人間を優しく見つめるようになった畳屋の主人。そして3人はわかった、彼らの生き方が...。

画像
画像
〈ストーリー〉
亡くなった父親の借金を背負い、古アパートが建つまだ健在な祖父・友次郎の土地を売ろうとする野上孝。土地を更地にし、売却することが自分の人生を立て直すことと信じ、会社を辞めてしまう。
野上と同じ会社で、取引先の理不尽なクレームから逃れようと発作的に会社を辞めてしまった後輩・三崎哲。
フリーのフードコーディネーターの仕事が上手くいかず、結婚でその不安から逃れようとする豊島亮子。彼女は結婚相談書に登録するが、紹介された見合い相手は失業寸前・借金持ちの野上だった。
友次郎の土地に建ち、居酒屋「ふみと」の女将・藤子が経営する藤野女子アパートに、導かれるように集まってきた3人。そのアパートには、鍵も見つからない「開かずの部屋」があった。その部屋の隣りに住み始めた亮子は、ふたつの部屋を隔てる押入れの壁に「願いごとかないます」と記された不思議な穴を見つける。半信半疑の3人だったが、その穴に願いごとを投函するのだ。やがて彼らは「開かずの部屋」で意外なものを目にすることになる...。
公式サイト、http://www.tounankadobeya.com

製作/2008年
公開/2008年9月20日 日本映画 104分

監督/池 田 千 尋
脚本/大 石 三知子

出演/西 島 秀 俊
    :元サラリーマン/野上 孝
   加 瀬   亮
    :孝の元会社後輩/三崎 哲
   竹 花   梓
    :フードコーディネーター/豊島亮子
   塩 見 三 省
    :畳屋「ロク」主人/石山清六
   高 橋 昌 也
    :孝の祖父/アパートの地主/野上友次郎
   香 川 京 子
    :居酒屋「ふみと」女将/
     「藤野女子アパート」女主人/夏見藤子

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
今、上映中のパンフもチラシ付き(900円)で販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック