映画「Xファイル:真実を求めて」チラシ2

エイリアンによる誘拐事件、未確認生物の暗躍、常識では解明できない未解決事件の数々。世界最高峰の捜査能力を誇るFBIエージェントがこれらの難事件に立ち向かうという画期的なアイデアで、90年代に社会現象的な大反響を巻き起した「X-ファイル」。超常現象に執着するFBIきっての変わり者フォックス・モルダーと、科学的見地から疑問を投げかける現実主義者ダナ・スカリーの名コンビが、FBI創立100周年の2008年に復活した。

画像
画像
〈ストーリー〉
FBI女性捜査官が謎の失踪を遂げた。事件解明の鍵を握るのは、サイキックな透視能力で手掛かりを探り当てるというカトリックの神父ジョー。その能力を駆使して、凍てつく湖から切断されたおびただしい数の人体パーツを発見したことから次々と衝撃の新事実を掘り起こしていく。すでにFBIを引退し隠遁生活を送っていたモルダーと、医師として病院に勤務するスカリーは、難航する捜査に行き詰まったFBIから要請を受け、しぶしぶ捜査に戻ることになる。ジョーは聖職者らしからぬ汚れた過去を持ち、両目から血を流しながら「ビジョン」と称する驚異の透視能力を発揮する。次々と人が消え、おぞましい「双頭の犬」の存在まで確認される猟奇事件。超常現象のスペシャリストとして数々の修羅場を潜り抜けてきたモルダーとスカリーをも震え上がらせる驚愕の展開へと発展していく...。
公式サイト、http://www.xfilemovie.jp

原題/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE
製作/2008年
公開/2008年11月7日 アメリカ映画 104分

監督・脚本/クリス・カーター
脚本/フランク・スポトニッツ

出演/デヴィッド・ドゥカヴニー
    :元(FBI)捜査官/フォックス・モルダー
   ジリアン・アンダーソン
    :元(FBI)捜査官/病院医師/ダナ・スカリー
   アマンダ・ピート
    :アメリカ連邦捜査局(FBI)捜査官/ホイットニー
   ビリー・コノリー
    :カトリック教神父/ジョー
   アルビン“イグジビット”ジョイナー
    :アメリカ連邦捜査局(FBI)捜査官/ドラミー

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
現在、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック