映画「インストール」パンフ

原作は、当時17歳の女子高生だった「綿矢りさ」が執筆し、文藝賞を受賞して50万部以上を売り上げたベストセラー小説。17歳という不安定な次期の、どうにもならないうずきと再生のストーリーは、同世代の女の子だけでなく、幅広い年齢層の共感を集めた。そんな作品の主人公・朝子を演じるのは、同世代の女優のなかでも人気実力共に充分の、上戸彩が体当たりで演じています。そして、相手役の「おませ」な小学生・かずよしを、天才子役と称される神木隆之介が好演しています。

画像
〈ストーリー〉
高校生の野沢朝子は、「平均そこそこなひとりの女の子」として過ごす毎日に脱力してしまった。自分の若さと可能性はどんどん減ってきているが、何をしたいわけでもない。授業中も妄想にふけり、頭に浮かぶのは、片思いのコウイチの「あんたにゃ、人生の目標がない」という言葉ばかり...。
突然、衝動に駆られた朝子は、自分の部屋にある家具や雑貨など、ありとあらゆる荷物をゴミ捨て場に持って行ってしまう。そして、朝子は学校に行く事をやめた。しかし、いつものように制服を着て家を出て、母親が仕事に出るのを物陰から確認し、また家に戻る。そしてだらだらと家の中で、テレビを見たりしながら意味のない時間を過ごすのだった...。
登校拒否を続けるある日、朝子は自分が捨てたパソコンをゴミの中から拾っていった小学生・かずよしと再会した。大人びたかずよしはパソコンにアプリケーションをインストールし直し、押入れの中で親の目を盗んでインターネットにつないでいた。つぶれたと思い込んで捨てた朝子のパソコンはよみがえっていたのだ。「自分より先に生まれ変わるなんて!」とパソコンを相手にうらやましがる朝子。
かずよしは無気力な毎日を送る朝子にアルバイトをもちかける。その内容は、かずよしが携帯サイトで知り合った風俗嬢「雅」の代わりにHな会話、つまりエロチャットをするというものだった。子育てで忙しい雅は、昼間はチャットができない、しかし、かずよしにも学校がある。そこで午前10時から午後2時までの間は朝子が雅になりすまし、それ以降はかずよしに交代するというものだった。
「10歳の小学生が年齢も性別も偽ってエロチャット?」朝子はその普通じゃない行動に戸惑うが、学校をサボっているので時間はある。結局好奇心が勝り、代役を引き受けることにした。こうして朝子の新しい毎日がはじまったのだ。最初は顔の見えない相手とのHな会話に驚いたり、初めて扱うパソコンの操作に戸惑うが、だんだんと底知れぬ欲望の世界にハマっていったのだった...。

英題/INSTALL
製作/2004年
公開/2004年 日本映画 94分

監督/片 岡   K
原作/綿 矢 り さ『インストール』
脚本/大 森 美 香

出演/上 戸   彩
    :女子高校生/野沢朝子
   神 木 隆之介
    :小学生/青木かずよし
   中 村 七之助
    :朝子の片思いの恋人/コウイチ
   田 中 好 子
    :朝子の母/野沢毬恵
   菊 川   怜
    :朝子の担任/高校教師/モモコ
   小 島   聖
    :かずよしの義母/青木かより

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
現在、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック