映画「愛と哀しみの果て」パンフ

原作はカレン・ディネーセンの回想録で、アイザックはペンネームです。
1913年にスウェーデン貴族のブリクセン男爵と結婚して、アフリカのケニアに渡ったカレンはコーヒー園を経営することになった。しかし、コヒー栽培はうまくゆかず、夫は気ままな乱行にふけるのだった。

画像
〈ストーリー〉
カレンがアフリカでの記憶をたどる時、そこには、熱く雄大な大地よりも彼との出会いを思い、神に感謝するのだった。彼はデニス・ハットンという冒険家で、永遠に忘れ得ぬ人だった。
デンマークに住むカレンは、莫大な財産を持つ独身女性だった。ある時、彼女は友人のスウェーデン貴族ブロア・ブリクセン男爵に、深く考えることなく結婚の話を切り出した。すると彼もすんなり、応じるとの返事が返ってきた。
デンマークでの生活に飽きていたカレンは、アフリカのケニアでコーヒー園をすることにした。ナイロビに向う列車でカレンは、冒険家のデニス・ハットンと出会う。デニスは列車に象牙を積み込み、男爵夫人であるカレンに「友人のバークレー・コールに象牙を渡してくれ」と言い残し、サファリの荒野に去って行ったのだった。

原題/OUT OF AFRICA
製作/1985年 
公開/1986年 アメリカ映画 161分

監督/シドニー・ポラック
原作/アイザック・ディネーセン『アフリカの日々』
脚色/カール・ルードック

出演/ロバート・レッドフォード
    :デニス・ハットン/冒険家
   メリル・ストリープ
    :カレン・ディネーセン(ブリクセン男爵の妻)
   クラウス・マリア・ブランダウアー
    :ブロア・ブリクセン/貴族・男爵
   マイケル・キッチン
    :バークレー・コール(デニスの友人)
   マリク・ボウエンズ
    :ファラー・アデン/召使い

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック