映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」パンフ

インディすなわちインディアナ・ジョーンズは考古学者であり、オカルトの専門家だった。彼は学者というより探検家と言った方がよい人物で、いつもツバの広い帽子をかぶり、ムチを持って冒険をしていた...。

画像
〈ストーリー〉
1936年、世界征服の野望を抱くアドルフ・ヒトラーは、その所有者に無敵の力を持たらすという伝説的なアーク(聖櫃)を入手する事に異常なまでの執念を燃やしていた。ヒトラーがこのアークをプロパガンダの道具に利用して、ナチス侵攻の暴挙を正当化することが目に見えているからだ。第二次世界大戦勃発の前夜という微妙な次期に、この困難な任務を受けたのがインディ・ジョーンズ博士だ。肩書きは、米国ニュー・イングランド地方の小さな大学で教鞭をとる考古学教授。しかしその温厚な表情の下には、信念のために命を賭ける気骨と、人並み外れた冒険心が隠されていた。インディはごく最近までペルーの奥地に探検旅行をしていたが、フランス人考古学者ルネ・ベロックの妨害を受け、心ならずも本国アメリカに帰国したばかりだった...。

原題/RAIDERS of the LOST ARK
製作/1981年
公開/1981年(再公開/1984年)アメリカ映画 115分

監督/スティーブン・スピルバーグ
原作/ジョージ・ルーカス
   フィリップ・カウフマン
脚本/ローレンス・カスダン

出演/ハリソン・フォード
    :考古学者/インディアナ・ジョーンズ
                   「インディ」
   カレン・アレン
    :インディの恋人/マリオン・レイヴンウッド
   ポール・フリーマン
    :フランス人考古学者/ルネ・ベロック
   ロナルド・レイシー
    :ナチス・ドイツ軍エージェント/トート
   ジョン・リス=デイビス
    :インディの親友/サラー
   デンホルム・エリオット
    :考古学博物館主事/マーカス・ブロディ
   ウォルフ・カーラー
    :ナチス・ドイツ軍将校/ディートリッヒ

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
今、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック