映画「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」チラシ2

全米で8月13日に公開され、全米興行記録を次々と塗り替えた『ダークナイト』を破り見事No.1大ヒット。その後も3周連続No.1を記録した本作は、ハリウッド映画製作の裏側をブラックユーモア満載で描いたストーリーに全米マスコミが大絶賛。早くも本年度最高の映画とアカデミー賞候補の呼び声が上がるエンターテインメント作品称されています。

3者3様の個性を極めた超大物スターたち。そんな彼らが初競演し史上最大の戦争映画に出演することになった。しかし相次ぐトラブルで予算オーバーとなり撮影中止の危機に陥る。だが諦められない監督は、東南アジアのジャングルでロケを強行する。何も知らない俳優たちはなんと本物の危険地帯に連れて行かれる。敵陣の襲来にもリアルな撮影だと勘違いの彼らは、果たしてそこで撮影の小道具を手にしていかに戦いサバイバルするのだろうか...?

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
1969年のベトナム戦争の最前線で、アメリカ人兵士ジョン・テイバック「フォーリーフ」は、英雄的な活躍をし、戦争回顧録「トロピック・サンダー」を書いた。そしてそれが映画化されることになる。
落ち目なアクション・スター、タグ・スピードマンにとって、返り咲きの大きなチャンス。彼はアクション大作「スコーチャー」シリーズも終わり、アカデミー賞を狙った感動作「シンプル・ジャック」は映画史上最悪の酷評を受けたのだった。したがって、テイバックをモデルにした役を演じるということは、映画人生における彼のカムバック作品だった。
ジェフ・ポートノイは、単に下ネタで笑いを取るというコメディ・シリーズ「ザ・ファッティーズ」の主役として人気がある。しかし、彼は「下ネタ(おなら)スター」から芸域を広げるべく「トロピック・サンダー」への出演を決めた。
オーストラリア人の悲劇役者カーク・ラザラスは、アカデミー賞主演男優賞5回受賞という演技派であり、完璧に役柄になりきってしまうという俳優として有名。今回も黒人軍曹に扮するために皮膚を黒くする手術まで受けるという徹底ぶり。
しかし、ド派手な爆破シーンを連発させたり、俳優たちのわがままが繰り返される毎日で、クランクインのわずか5日目で予算オーバー。そこでイギリス人監督のデミアン・コックバーンは、東南アジアのジャングルで撮影し、予算をおさえようとする。
かくして監督デミアンは、ガイドもつけずにヘリで俳優たちを不気味なジャングルの中へ連れ出し、いたる所にカメラが仕掛けてあると言って送り出す。ところがそこは凶悪な麻薬組織が支配する「黄金の三角地帯」であり、本物の戦場ともいえる超危険地帯だった...。
まるで状況を分かっていない俳優たちは、本物のマシンガンで襲撃されるが、リアルな撮影だと勘違いし役者魂をかきたてられた彼らは応戦する。しかし彼らの持っている銃器は撮影用の小道具であるため空砲だったのだ...。
公式サイト、http://www.shijosaitei.jp

原題/TROPIC THUNDER
製作/2008年
公開/2008年11月22日 アメリカ映画

監督・原作・脚本/ベン・スティラー
原作・脚本/ジャスティン・ゼロクス
脚本/エタン・コーエン

出演/ベン・スティラー
    :タグ・スピードマン/アクション・スター
   ジャック・ブラック
    :ジェフ・ポートノイ/コメディアン
   ロバート・ダウニー・ジュニア
    :カーク・ラザラス/演技派俳優

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
現在、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック