映画「魔女の宅急便」パンフ

本作『魔女の宅急便』の原作は、今までに野間児童文学賞、小学館文学賞、アンデルセン賞国内賞など受賞し、日本の児童文学界を代表する角野栄子の同名作品。「自立と依存のはざまでゆれる」思春期にさしかかった13歳の少女の大人への旅立ち、そして成長を描いた原作を、宮崎駿が見事に映像化しています。
女の子なら誰もが経験する思春期の想いと悩み。そして、様々な出来事とふれあいの中で少女から大人へと成長し、自立していく姿を、魔女のキキを通して爽やかに楽しく、時には切なく描き出しています。

画像
〈ストーリー〉
「今夜に決めたわ!! 出発よ!」今年13歳を迎えるキキは、ある日、黒猫のジジにそう言いました。キキは、オキノさんと、魔女のコキリさんの間に生まれた女の子です。それは、ずっと昔から続いていた習慣で、人間と魔女が結婚して生まれた子どもが女の子だった場合は魔女として育てられ、13歳の年の満月の夜にひとり立ちさせるのです。
その夜、キキは友達や近所の人達に見送られてジジと共に夜空に飛び立って行きました。翌朝、大都会コリコに着いたキキは、車と人でごったがえす町なかを飛んで大渋滞を引き起こしてしまいます。駆けつけた警官から彼女を救ったのは気のいい少年トンボでした。
キキは宿を探しますがなかなか見つかりません。夕闇が迫った頃、通りがかったパン屋からおかみさんのおソノさんが飛び出してきました。先ほど店を出たお客さんが忘れ物をしたのです。困っている彼女を身かね、キキはその忘れ物を空を飛んで届けてあげました。そんな縁がきっかけでキキは、このパン屋の空き部屋に下宿することになりました。そして、店番を手伝いながら「お届け屋さん」つまり宅急便を始めることになりました...。

製作/1989年
公開/1989年 日本映画 103分

監督・脚本/宮 崎   駿
原作/角 野 栄 子『魔女の宅急便』

声出演/高 山 みなみ:キキ/13歳の少女
       (二役):ウルスラ/18歳の画学生
    佐久間 レ イ:ジジ(黒猫)
    山 口 勝 平:トンボ/13歳の少年
    戸 田 恵 子:おソノさん/パン屋のおかみさん
    三 浦 浩 一:オキノ(キキの父)民族学者
    信 沢 三恵子:コキリさん(キキの母)魔女
    加 藤 治 子:老婦人

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック