映画「モンテーニュ通りのカフェ」チラシ

ヒロインのジェシカが「ギャルソン」として働くことになる、由緒あるカフェ・ド・テアトル。パリでも有名な実在するそのカフェでは、映画監督が次回作についてのキャスティングについて語り、足しげく通う女優は毎朝クロワッサンを頼む。舞台の裏方は疲れを癒し、断絶状態だった親子が再会し、恋人たちは愛を語り合う。
小さなカフェを舞台に、出逢いが交差し拡散し、さらにジェシカが関わることで映画は大きなうねりを見せていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
パリ8区、モンテーニュ通り。この通りからは美しくそびえ立つエッフェル塔が見え、シャンゼリゼとジョジュ・サンクを結ぶ黄金の三角形と呼ばれる、パリきっての豪勢な地区。モンテーニュ通りにはあらゆるパリの一面がある。
劇場、オークションハウス、有名なメゾン、由緒あるカフェ、そして出会いと別れ。そのカフェに集うのは、世界的なピアニストや初老の美術収集家、そして有名な女優や劇場の管理人など。様々な思いを持った人々の人生が、通りの一角にある「カフェ・ド・テアトル」で交差していくのだ...。
そんな中を、祖母の言葉を胸にパリに憧れ上京し、カフェの「ギャルソン」となったジェシカが蝶のように軽やかに飛び交い、彼らの人生を一緒に奏でていくのだ...。
公式サイト、http://montaignecafe-movie.jp/

原題/FAUTEUILS D'ORCHESTRE (AVENUE MONTAIGNE)
製作/2006年
公開/2008年4月26日 フランス映画 106分

監督・脚本/ダニエル・トンプソン

出演/セシール・ド・フランス
    :ジェシカ
   ヴァレリー・ルメルシェ
    :カトリーヌ/女優
   アルベール・デュポンテル
    :ジャン=フランソワ/ピアニスト
   クロード・ブラッスール
    :グランベール/美術収集家

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
今、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック