映画「石内尋常高等小学校 花は散れども」チラシ

映画監督・新藤兼人の人生に多大な影響を与えた小学校時代の恩師。この実在の人物をモデルにオマージュを捧げた本作は、自身の小学校時代を思い起こし誰にでも経験のある教師との運命的な出会いを描きながら、教育の原点とは何かをさりげなく伝え、加えて自らの波乱万丈の恋愛体験をモチーフに展開する、若かりし新藤と同級生の女性との切なく狂おしい恋模様も展開するドラマです。

画像
画像
〈ストーリー〉
時代は大正の終わり。広島市から山一つ奥に石内尋常高等小学校があった。五年生の担任は市川義夫先生。クラスには、山崎良人・森山三吉・藤川みどりがおり、授業中に三吉が居眠りしても「田植えの手伝いをしていたのか」ととがめず、奈良に修学旅行に行けば遭遇した映画撮影隊に「田舎者」と罵倒された事で喧嘩したり、良人の母親の死には一緒に泣くという、一生懸命に生徒と見つめ合う先生だった。良人の家は倒産し、卒業と同時に良人は石内村を離れた...。
30年後、良人は東京で売れない脚本家をしていた。村の収入役となった三吉が、市川先生の定年祝いに良人を呼ぶ。会場はみどりが女将をする料亭。戦争をはさんで集まった同窓生それぞれの30年があった。夫を戦争で失った者、原爆被害に今も苦しむ者。その夜、みどりからなぜ何も告げずに村を去ったのかと迫られ、良人とみどりは夜の海で関係をもったのだ...。
5年後、市川先生が脳梗塞で倒れた。先生は定年してから、長年勤めた小学校の目の前に家を見つけて住んでいた。教職を離れても生徒たちの声を聞きたかったのだ。駆けつけた良人にろれつが回らない口で「オマエノ ドラマヲ ミテイル、エエモノカケ」と励まされる...。
先生が亡くなり、良人はみどりに結婚を申し込むが、みどりは「あなたは脚本家でしょう。田舎の料亭の主人になるの...」と拒絶され東京に帰ってゆくのだった...。

製作/2008年
公開/2008年9月27日 日本映画 118分

監督・原作・脚本/新 藤 兼 人

出演/柄 本   明
    :市川 義夫/「石内尋常小学校」教師
   豊 川 悦 司
    :山崎 良人(市川義夫の教え子)脚本家
   六 平 直 政
    :森山 三吉(市川義夫の教え子)石内村収入役
   川 上 麻衣子
    :市川 道子(市川義夫の妻)
   大 竹 しのぶ
    :藤川みどり(市川義夫の教え子)料亭女将

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
現在、上映中のパンフもチラシ付きで販売しています。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック