映画「ISOLA イソラ/多重人格少女」チラシ

阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、そして頻繁に起こる、通り魔殺人事件。多数の災害や事件によって、私たちの恐怖とストレスはもはや極限に来ている。多重人格障害をモチーフに、阪神淡路大震災という災害不安と、人間の業(ごう)でもある嫉妬をからませ、見事なストーリー展開を発揮した、貴志祐介の長編デビュー作「十三番目の人格(ペルソナ)ISOLA」の映画化です。

画像
画像
〈ストーリー〉
森谷千尋が心の内側に12人もの人格を宿すに至ったのは、交通事故による両親の喪失、臨死体験、養父から受ける性的虐待という過酷な現実から生まれた。人の感情が読める「エンパス」能力者であるがゆえに、辛い人生を送ってきた賀茂由香里は、心理ケアのボランティア活動中にこの少女の心の秘密を見抜くのだ。人格統合への良い兆しが見えてきた、そんなある日、由香里は千尋の中に13番目の悪魔の人格「ISOLA」が存在することに気がつき、そのあまりの凶々しさと殺人嗜好に唖然とする。千尋の周りにおこる奇怪な死亡事故。由香里は千尋に存在するISOLAとの関連性を疑い、その不気味な人格の謎を探り始める。千尋が愛読していた親の形見「雨月物語」、そして幻覚剤を用いた幽体離脱実験を行っていた男女の研究チームという二つの存在に行き着いた時、封印された恐怖の扉が開き始めるのだった。

製作/2000年
公開/2000年 日本映画 94分

監督・脚本/水 谷 俊 之
原作/貴 志 祐 介『十三番目の人格(ペルソナ)ISOLA』
脚本/木 下 麦 太

出演/木 村 佳 乃:賀茂由香里/ボランティア
   黒 澤   優:森谷 千尋
   石 黒   賢:真部 和彦
   手 塚 理 美:野村 浩子
   渡 辺 真起子:高野 弥生

パンフレット・チラシ販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック