映画「K-20 怪人二十面相・伝」チラシ2

『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズを送り出した日本を代表する制作プロダクション「ROBOT」と日本テレビがタッグを組み、北村想の「怪人二十面相・伝」を原作に、日本人なら誰もが知っている「怪人二十面相」をめぐる、アクション・テンタテインメントを誕生させた。
架空都市「帝都」。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の90%は、ごく一部の特権階級「華族」に集中していた。そんな中、その富裕層のみをターゲットとした盗みを働く者がいた。次々と美術品や骨董品を、魔法のような鮮やかな手口で盗んでいく「怪人二十面相」。その者の出現で世間は大混乱。人は彼を「K-20」と呼んだ...。

画像
画像
〈ストーリー〉
舞台は、1949年...架空都市「帝都」。富裕層のみを狙った大泥棒「怪人二十面相」。次々と美術品や骨董品を鮮やかな手口で盗んでいく。彼の出現で世間は大騒ぎ、人は彼を「K-20」と呼んだ...。
物語の主人公は、怪人二十面相に騙され、K-20に仕立てられたサーカスの曲芸師・遠藤平吉。類稀なる身体能力と頭脳を武器に、K-20に狙われた令嬢・羽柴葉子と、その婚約者であり探偵をしていた明智小五郎と共に、K-20との戦いが始まる。かくして、濡れ衣を着せられた平吉は、汚名を晴らすことができるのか?...
公式サイト、http://www.k-20.jp/

英題/K-TWENTY
製作/2008年
公開/2008年12月20日 日本映画 137分

監督・脚本/佐 藤 嗣麻子
原作/北 村   想『怪人二十面相・伝』

出演/金 城   武:サーカス曲芸師/遠藤平吉
   松   たか子:華族令嬢/羽柴葉子
   仲 村 トオル:探偵/明智小五郎
   國 村   隼
   高 島 礼 子
   本 郷 奏 多
   今 井 悠 貴
   益 岡   徹
   鹿 賀 丈 史

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック