映画「ヘルライド」チラシ

1960年代末から70年代初頭、低予算B級アクション映画の中で「バイカー・フィルム」は、アメリカで最も人気を集めたジャンルの1つだった。そんな中、デニス・ホッパー監督の『イージー・ライダー』(69年)が公開された。バイカーたちのアメリカ大陸横断の旅、夢と挫折を描いたこの映画は、当時湧き起こったアメリカン・ニューシネマ・ブームの波に乗り、大ヒットとなったのだ。
そんな中、当時場末の名画座で映画を観まくったのがクエンティン・タランティーノだった。そして、それらに俳優として出演し、ハリウッドのアウトサイダーとして、今なお己の映画道を歩み続けているのが、伝説のカルト・アクターでディレクターのラリー・ビショップなのだ...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
「あの子のために大切にとっておいて、きっと約束を守ってね...」腹に矢を受け、天を仰いだピストレロの脳裏に、そう囁く美しい女の姿が浮かんだ...。
ピストレロ、ジェント、コマンチは、バイカー・チーム「ヴィクターズ」のメンバーだ。対抗するグループ「シックス・シックス・シックス」にメンバーのセント・ルーイを殺された3人は、墓場に集まり奴らへの復讐を誓った。
手始めにトレーラーハウスにいた「シックス」メンバーたちを血祭りにあげた3人は、そのリーダーであるビリー・ウィングスたちを追って、それぞれ復讐の旅に出たのだ...。
公式サイト、http://www.hellride.jp

原題/HELLRIDE
製作/2008年
公開/2009年1月17日 アメリカ映画 84分

監督・脚本/ラリー・ビショップ
製作総指揮/クエンティン・タランティーノ

出演/ラリー・ビショップ
    :ピストレロ/バイカー・チーム「ヴィクターズ」
   マイケル・マドセン
    :ジェント/バイカー・チーム「ヴィクターズ」
   エリック・バルフォー
    :コマンチ/バイカー・チーム「ヴィクターズ」
   ヴィニー・ジョーンズ
    :ビリー・ウィングス/
      「シックス・シックス・シックス」リーダー
   レオノラ・ヴァレラ
    :ナダ/謎の女
   デヴィッド・キャラディン
    :デュース/影の大物
   デニス・ホッパー
    :エディ・ゼロ/老人

上映中パンフレット・チラシ販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック