映画「オーストラリア」チラシ2

目を奪うほど壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が、一人の気位が高い英国人貴族の女性「レディ・サラ・アシュレイ」の人生を一変させる。
『ムーラン・ルージュ』から8年。独創性あふれる美的感覚で比類ない映像世界を作り出すバズ・ラーマン監督が、オーストラリア出身のニコール・キッドマンと、オーストラリア・モデル出身だったヒュー・ジャックマンという最高に贅沢なキャストを迎え、スクリーンに甦る。ミュージカル・スターでもあるヒュー・ジャックマンは、第81回アカデミー賞で司会も務めあげました。

画像
画像
〈ストーリー〉
第二次世界大戦を目前に控えた南半球の大陸「オーストラリア」。1年も帰ってこない夫を訪ねてロンドンからはるばるこの地にやって来た英国人貴族レディ・サラ・アシュレイは、ようやく到着した夫の領地で、彼が何者かに殺されていたことを知る...。
サラに残されたのは、抵当に入れられた広大な牧場と1,500頭の牛だけ。彼女の選択肢は、現地で出会ったドローヴァーとしか知られていない牛追い(カウボーイ)と、しぶしぶ手を組んで牛を引き連れ、過酷で壮大な土地を9,000km横断し、ダーウィンで売ること。ほこりだらけの砂漠地帯で、ブランド靴の汚れを気にし、シルクのドレスを身に着ける場違いなレディ・サラ。やがて先住民アボリジニの少年との出会いを通じて母性が芽生え、違う世界で生きていくために反発しあっていたドローヴァーと数々のトラブルを乗り越えながら恋に落ちるのだ...。

公式サイト、http://www.oz-movie.jp

原題/AUSTRALIA
製作/2008年
公開/2009年2月28日 アメリカ映画

監督・原案・脚本/バズ・ラーマン
脚本/スチュアート・ビーティー
   ロナルド・ハーウッド
   リチャード・フラナガン

出演/ニコール・キッドマン
    :レディ・サラ・アシュレイ/イギリス人貴族
   ヒュー・ジャックマン
    :ドローヴァー/牛追い(カウボーイ)
   デヴィッド・ウェンハム
    :ニール・フレッチャー
   ブライアン・ブラウン
    :キング・カーニー/アボリジニ
   ジャック・トンプソン
    :キプリング・フリン/牧場会計士
   デヴィッド・ガルピリル
    :キング・ジョージ/アボリジニ呪術師
   ブランドン・ウォルターズ
    :ナラ/アボリジニ混血児少年

映画チラシ・上映中パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック